• ご加入の皆さま
  • マイページ
  • 共済金のご請求
  • お問い合わせ
  • お見積もり
  • 資料請求
  • WEBで加入手続き ◎お見積もりのみもOK!

窓口でのご相談

お近くのご相談窓口

13.png

知って得するライフプランニュース

最新の金融情勢から暮らしのお役立ち情報、また「あんしんのタネ」の更新情報など、さまざまな情報を毎月メールでご紹介します。

mame.png

20220914.jpg

育児休業制度が改正されます

育児休業制度について、厚生労働省の「令和3年度雇用均等基本調査」によると、育児休業取得率が女性で約8割(85.1%)に対し、男性で約1割(13.97%)にとどまり伸び悩んでいます。政府は男性の育児休業取得率を2025年に3割(30%)に引き上げることを目標に掲げるなかで、2021年6月に育児・介護休業法が改正されました。2022年10月に施行される主な内容について確認しましょう。

20220809.jpg

児童手当の特例給付が一部廃止されます。

児童手当法の改正により、2022年10月支給分の児童手当より、いわゆる高所得者への支給が廃止されます。年収1,200万円相当で児童手当が支給停止されるとの報道もありましたが、今回の改正で児童手当がどのように変わったのかを確認しましょう。

24095056_s.jpg

マンション管理適正評価制度とは?

マンションの購入を検討したことがある人であれば、「マンションは管理を買え」という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。2022年4月にスタートした「マンション管理評価制度」について確認していきましょう。

20220614.jpg

令和4年度税制改正でどう変わった?住宅ローン控除

延長と見直しが繰り返されてきた住宅ローン控除ですが、令和4年度税制改正において4年間の延長とあわせて内容についても大幅な見直しがされました。主なポイントについて確認していきましょう。

23751538_s.jpg

成年年齢の引き下げにともなう相続の税制改正のポイント

2022年4月1日に成年年齢が20歳から18歳に引き下げられたことで、相続発生前(贈与税)と後(相続税)においても税制上の改正が生じています。主な内容を確認しましょう。

20220412.jpg

個人型確定拠出年金(iDeCo)の改正で変わること

「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律」の成立により、個人型確定拠出年金(以下、「iDeCo」という)が段階的に改正されます。2022年度の改正について、主なポイントを確認してみましょう。

20220309.jpg

4月から年金制度が変わります

去る2020年6月5日に公布された「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律(年金制度改正法)」が、2022年4月から順次施行されます。今回は、当年4月に施行される公的年金制度の改正内容について確認しましょう。

202202.jpg

確定申告をしなければ受けられない所得控除

年末調整の対象となる給与所得者は、申告書等を勤務先に提出することで、ほとんどの所得控除を確定申告することなく受けることができますが、医療費控除、雑損控除、寄附金控除については、原則として確定申告をしなければ適用を受けることができません。詳しくみていきましょう。

3766868_s.jpg

マイナンバーカードを健康保険証として利用するメリット

12桁の番号が付与されたマイナンバーカード。総務省の調べでは2021年12月1日時点で全国民の4割近く(約5,057万人、39.9%)が保有しています。マイナポータル(政府が運営するオンラインサービス)などを通じて健康保険証として利用の申込みをすれば、登録された医療機関や薬局で利用できるようになります。利用のメリットについて確認しましょう。

3860152_s.jpg

健康保険から支給される傷病手当金

ウインターシーズンを迎え、スキーやスノーボードなどこの時期ならではの趣味に興じる人も多いでしょうが、もしそれでけがをしてしばらく働けなくなってしまうと生活が心配です。健康保険に加入する会社員などが、私生活における病気やけがの療養のために一定期間会社を休み、会社から給与が支払われないときには、健康保険から傷病手当金が支給されます。今回は、この給付内容について確認しましょう。

22100002_s.jpg

高額介護サービス費の負担限度額が見直されました

介護保険制度において、介護サービスを利用するときは、所得に応じて介護サービス費用の一部が利用者負担となります。このとき、利用者負担の1ヵ月分の合計額が定められた負担限度額を超える場合、超えた額が高額介護サービス費として払い戻されます。介護保険制度の改正に伴い、高額介護サービス費の負担限度額等が2021年8月に見直されました。改正の主なポイントを確認しておきましょう。

5075819_s.jpg

遺言書の必要性について考えましょう

相続が発生すると、通常は相続人同士で話し合いを行って遺産を分けることになりますが、話し合いがうまく進まないと協議が成立せず、遺産の名義変更が円滑に進まないおそれがあります。遺言書があれば、亡くなった人の意思を相続人などに明確に伝えられ、相続のトラブルを未然に防ぐ効果も期待できます。遺言書が必要になるのはどのようなケースかをみてみましょう。

3489363_s.jpg

雇用保険の基本手当日額が変更されました

雇用保険の基本手当とは、失業した人が安定した生活を送りつつ、1日も早く就職してもらうことを目的として、国から支給されるものです。雇用保険の基本手当(いわゆる失業手当)の日額が8月1日から変更されています。変更後の額とともに基本手当の支給要件についてもあらためて確認しましょう。

4703142_s.jpg

相続手続きの負担を和らげる「法定相続情報証明制度」

全国の法務局(登記所)において、各種相続手続に利用することができる法定相続情報証明制度が2017年5月から開始されています。法定相続情報証明制度を利用することで相続手続の時間の短縮にもつながります。この制度の内容についてあらためて確認しましょう。

2503676_s.png

70歳までの就業機会の確保が企業の努力義務となりました

少子高齢化により現役世代の人口が急速に減少していくなかで、経済活動を維持するためには働く意欲のある高年齢者がより活躍することが期待されています。高年齢者雇用安定法が改正され、4月からは70歳までの就業機会の確保が企業の努力義務となりました。

4472636_s.jpg

新型コロナウイルス感染症に関する支援制度について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大が収束する様子もなく、3度目の緊急事態宣言が発出されました。新型コロナウイルス感染症によって、経済的に厳しい状況に置かれた人に対しては、支援制度が準備されています。(2021年5月28日時点)

4026882_s.png

改正でどう変わる?住宅ローン控除

令和3年度税制改正でも見直しが行われた「住宅ローン控除」今回の改正における最大のポイントは、これまで「50平方メートル以上」とされてきた床面積の要件が変わったことでしょう。概要と今回の改正内容を確認しましょう。

1815159_s.png

4月~6月に働きすぎると社会保険料が高くなるって本当?

会社勤めをしていると「4月~6月に働き過ぎると社会保険料が高くなる」という話を聞くかもしれません。本当なのかを確認してみましょう。

4150875_s.jpg

人生100年時代~豊かなセカンドライフにするには~

時代が進むなかで、少子高齢化と核家族化が急速に進行し、年金支給開始年齢の引き上げ、企業の雇用延長や退職金改革など時代背景は大きく様変わりし、「定年後をどう過ごすか?」という課題が顕著化していきます。

2338002_s.jpg

育児や介護で休業するときの備え~育児・介護休業法~

育児や介護を行う労働者が離職することなく安心して働き続けられるようにするため、「育児・介護休業法」では、育児や介護に関するさまざまな制度が設けられています。

4214915_s.png

労災・雇用保険の改正のポイント

複数の会社で働く人の災害補償の範囲を拡大することや、働く意思と能力のある人が失業時に手当を受けやすくするために、労災保険(労働者災害補償保険)や雇用保険制度が改正されました。

7577_s.jpg

SDGsの取り組みと私たちにできること

SDGsを日本語にすると「持続可能な開発目標」となります。世界人口の急激な増加によって、これまでのように資源を大量に消費することを前提とした経済発展は、近い将来、限界を迎えると考えられています。

7034_s.jpg

孫への教育資金の一括贈与をする際に知っておきたいポイント

孫の成長を楽しみにしている方々からすれば、自分が元気なうちは教育資金を出してあげたいと考えるのは自然なことかもしれません。孫への教育資金を援助する手段のひとつをみていきましょう。

393238_s.jpg

コロナで変わる?住宅取得の新しい考え

新型コロナウイルス感染症によるこのような変化は、今後の働き方だけでなく、住まいに対する考えや取得において重視するポイントにも大きく影響することが考えられます。

2579015_s.jpg

法務局における「遺言書の保管制度」が開始されました。

「法務局における遺言書の保管等に関する法律」が制定され、令和2年7月より遺言書保管所として指定される法務局において自筆証書遺言を保管することができるようになりました。

340235_s.jpg

相続における「配偶者居住権」のメリットや留意点

民法が改正され、令和2年に4月1日に配偶者居住権が新設されました。残された配偶者が安心して住み慣れた家屋に住み続けることができる権利として、その活用が見込まれています。

1500487_s.jpg

あらためて確認したい「後期高齢者医療制度」

令和2年4月より保険料の負担限度額が上がり今後は、医療費の自己負担割合が現状1割負担の人が2割負担になる可能性があり、高齢者の負担が増えていくことが見込まれます。

5047f79c8aa92874ed1396922fc66a88_s.jpg

ドル・コスト平均法とつみたてNISAの活用

昨年、話題となった老後資金2,000万円不足の問題に端を発し、長期的な視野に立った積立投資の重要性が改めて叫ばれています。今回は積立投資の代表的な手法であるドル・コスト平均法のメリットと留意点についてみていきます。

202104132.png

失業中に雇用保険から支給される「基本手当・高年齢求職者給付金」とは

働く意思と能力のある人が職に就けない失業中の間、一定の要件を満たせば、雇用保険から基本手当や高年齢求職者給付金が支給されます。 

d82741449bd958da55666d9f5f5b18ce_s.jpg

労働者を守る!労災保険について

労災保険(労働者災害補償保険)は、会社員などの労働者が、仕事中の災害(業務上災害)や通勤途中の災害(通勤災害)に遭ったときに、労働者を守ってくれる公的な保険制度です。労災保険が適用される主なケースや給付の内容についてみていきましょう。

0e39512729bcbe2b1606b4a8eb84a8a1_s.jpg

相続人が最低限取得できる「遺留分」とは

各相続人の不公平感を無くすため、民法では各相続人が最低限取得することができる財産の範囲を遺留分として定めています。遺留分とは、相続において、各相続人が自らその権利を行使すれば、必ず取得することができる財産の範囲のことをいいます。

202104131.png

新たな教育訓練給付金制度が始まりました

教育訓練給付金制度は、雇用保険に加入する一定の労働者や離職して間もない者等が、自主的に能力開発に取り組むためや再就職等のために、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し、修了することで、受講費用の一部が給付金として支給される制度です。

e5f66acf6373ed640fbf3ef3206abf73_s.jpg

自転車保険について考えてみませんか?

自転車事故の加害者となった場合、加害者は損害賠償責任を負うことになります。特に、被害者が死亡した場合や重大な障害が残った場合などには、賠償額(治療費や慰謝料など)は非常に高額になることがあります。

8b21cd2ee8c449fb672f78d9b7b8d081_s.jpg

朗報かも「フラット35」2019年10月からの変更点

ここ数年、毎年4月と10月に制度内容の変更が行われているフラット35ですが、今回の変更は資金計画に直接影響するものであり、住宅の購入を検討している方にとっては朗報といえるかもしれません。

eb9dccc9fc2a8f034bcc44fcb8b15501_s.jpg

年金生活者支援給付金とは?

年金生活者支援給付金は、年金を含めても所得が低い人の生活を支援するために、年金に上乗せして支給されるものです。消費税率の引き上げにあわせて所得の低い高齢者などに支給が開始されることになっていますので、この制度について確認しておきましょう。

201907600.jpg

ミニ保険とも呼ばれる少額短期保険とは?

少額短期保険は、2006(平成18)年4月の保険業法の改正により、新しくできた保険制度です。特徴は、名前のとおり保険金額が「少額」、保険期間が「短期」であることで、ミニ保険と呼ばれることもあります。少額短期保険と保険・共済との違いをみるにあたり、その成り立ちを確認しておきましょう。