全労済のあんしんのタネ 笑顔を咲かせるみんなの情報

暮らしの中にあるさまざまな不安や、
保障に対する疑問を、少しでも安心に変え、
心や生活を豊かにする“タネ”をお届けします。

おすすめ記事

保障のヒント

人にまつわるヒント

2021/6/30

新社会人、新入社員に必要な保障・保険とは?選ぶ時のポイントや種類について解説

学校を卒業し、社会に出て自分で働いて収入を得るようになり、「そろそろ保険や共済に入っておいた方がいいのかな」と初めて保障について考えている人も多いのではないでしょうか。今までは親に守ってもらえていたけれど、これからは、もしものときに備えておくことも大事になってきますね。ここでは若いうちだからこそ知っておきたい医療保障の必要性についてお伝えします。

保障のヒント

家にまつわるヒント

2021/3/26

地震保障は必要?国は補償してくれる?自然災害の備えについて知識を身につけよう!

2021年2月13日、福島県沖で震度6強の大きな地震が発生しました。東日本大震災から10年が経とうとしているときの大きな地震でしたので、当時の記憶がよみがえった方も多かったのではないでしょうか。東日本大震災の直後は「地震への備え」を多くの方が意識したと思いますが、あれから10年、防災グッズは日頃から準備していても、住まいの保障は定期的に点検されていない方も多いのではないでしょうか?近年の地震、自然災害を取り巻く状況をふまえながら、地震などの自然災害から自分が住んでいる家を守る住まいの保障について考えてみましょう。

保障のヒント

賠償にまつわるヒント

2021/2/12

日常生活に潜む子どもの賠償リスク

例えば、友人や知り合いの家に遊びに行ったとき、我が子がはしゃいでいるのを見て「何かトラブルを起こさないだろうか……」とドキドキした経験はありませんか?他人の物を壊したり、けがをさせたりすると、損害賠償請求が発生する可能性があります。実際に弁償(損害賠償)しなくてはならない状況になったとき、高額な賠償であった場合、どのように対処したらよいのでしょうか。通常、子どもが起こしてしまった事故は親の責任となり、親に損害賠償請求されます。子どもがいらっしゃる方は自分の家族のためにも、そして相手のためにも、個人賠償保障を用意しておくと安心です。

あんしんのヒント

記事一覧

2020/5/15

防災や感染症の備えにも!いつもの食事に「ローリングストック」を取り入れよう

備蓄食材を普段から使い回しながら災害に備える「ローリングストック」。上手に取り入れれば、日々の調理の時間短縮につながるとともに、災害時だけでなく、感染症流行時の備えにもなります。そこで今回は、防災食アドバイザーで管理栄養士の今泉マユ子先生に、ローリングストックの考え方や常備食材を使ったおすすめのアレンジレシピを伺いました。

2020/4/20

お金の大切さ、どう学ぶ? 子どもに伝えたいお金教室

いま、子どものお金教育が注目されています。10歳頃までにお金の大切さを学んでおくことが、その先のお金との上手な付き合い方につながるそうです。一方で、お金の話はタブー視される一面もあり、教え方がわからないというお父さん、お母さんもいらっしゃるのではないでしょうか? 今回は、子どものお金教育の経験が豊富な「キッズ・マネー・ステーション」の八木陽子さんのワークショップに、9歳のきさちゃんとお母さんが参加。子どもと一緒に読みながらお金について学べる、ワークショップ形式でお届けします。

保障のヒント

記事一覧

人にまつわるヒント

2021/6/30

新社会人、新入社員に必要な保障・保険とは?選ぶ時のポイントや種類について解説

学校を卒業し、社会に出て自分で働いて収入を得るようになり、「そろそろ保険や共済に入っておいた方がいいのかな」と初めて保障について考えている人も多いのではないでしょうか。今までは親に守ってもらえていたけれど、これからは、もしものときに備えておくことも大事になってきますね。ここでは若いうちだからこそ知っておきたい医療保障の必要性についてお伝えします。

家にまつわるヒント

2021/3/26

地震保障は必要?国は補償してくれる?自然災害の備えについて知識を身につけよう!

2021年2月13日、福島県沖で震度6強の大きな地震が発生しました。東日本大震災から10年が経とうとしているときの大きな地震でしたので、当時の記憶がよみがえった方も多かったのではないでしょうか。東日本大震災の直後は「地震への備え」を多くの方が意識したと思いますが、あれから10年、防災グッズは日頃から準備していても、住まいの保障は定期的に点検されていない方も多いのではないでしょうか?近年の地震、自然災害を取り巻く状況をふまえながら、地震などの自然災害から自分が住んでいる家を守る住まいの保障について考えてみましょう。