• ご加入の皆さま
  • マイページ
  • 共済金のご請求

自転車向け保障

近年、各自治体ごとに自転車保険‧共済の加入義務化が進んでいます。全労済では、自転車による事故で第三者に賠償責任が発生した場合も手厚く保障します。

家族の損害賠償をカバーしたい方に

共済商品 概要

加入できる年齢:満0歳~満59歳
第三者に対する損害賠償:最高1億円

加入できる年齢:満60歳~満79歳
第三者に対する損害賠償:最高1億円

けがのリスクに備えられるだけでなく、月々の掛金1,200円で、最高1億円の損害賠償を保障(同一生計の親族に適用)します。

「住まいる共済」ご加入の方に

共済商品 概要

加入できる年齢:全年齢
支払限度額:1億円

「住まいる共済」に30口以上加入している場合に「月々プラス200円(年払掛金では2,300円)」で付帯でき、自身や家族(同一生計の親族に適用)が賠償責任を負った場合に最高1億円を保障します。

  • 詳しく事故の状況を調査したうえで対象可否の判断をいたします。

「マイカー共済」ご加入の方に

共済商品 概要

加入できる年齢:全年齢
補償額例:最高1億円

「マイカー共済」に「月々プラス120円(年払掛金では1,350円)」で付帯でき、1事故につき最高1億円を保障します。

大人から子どもまで、誰でも手軽に利用できる自転車。通勤や通学など日常生活に役立つ便利な乗り物である一方で、さまざまなリスクが潜んでいます。自転車を運転しているときに、けがをしてしまったり、歩行者や車などにぶつかりそうになったり、ヒヤッとした経験はありませんか。

身近な乗り物とはいえ、自転車は乗り方を誤れば重大な事故につながる可能性があります。万一加害者になった場合には、賠償責任を負うリスクもあり、運転者が子どもの場合には、保護者がその責任を負うことになります。

昨今、高額な損害賠償責任を負う事故が発生しており、各自治体ごとに自転車保険・共済の加入義務化が進んでいます。どんなに注意していても、いつ起こるかわからない自転車事故のリスクに備えて、自転車保険・共済に加入しておけば、もしものときにも安心です。

全労済には、自転車事故によるけがや損害賠償責任に備える共済や特約があります。例えば「こくみん共済」の傷害安心タイプなら、月々の掛金は1,200円。けがや法律上の損害賠償責任を負った場合には最高1億円が保障されます。しかも、1契約で、ご自身だけでなく、同一生計のご家族全員が損害賠償保障の対象(※)となるので、さらに安心が広がります。

安心・快適な自転車ライフを送るために、ご自身やご家族にぴったりの自転車保険・共済を選んでみてはいかがでしょうか。

(※) 損害発生時点で、主たる被共済者と同居で、生計を一にする親族は保障の対象となります(同居の親族でも明らかに独立した生活と認められる場合は保障の対象となりません)。