大人も感動、今月の絵本

繰り返し開いては飽きずに眺めたり、読み聞かせて一緒に楽しんだり。絵本には、絵本だけが持つ魅力があります。世界で読み継がれている名作から、この数年の、静かなロングセラーまで、多彩な絵本の中からこれ!という一冊を、毎月ご紹介するコーナーです。

11

『よるくま』

作:酒井駒子

刊:偕成社

本体:1,000円

おやすみ前の親子のひととき。男の子は、昨日の晩にちいさなくまの子があそびに来たことを、おかあさんに話して聞かせます。
「よるくま」と男の子が名付けたくまの子は、いなくなってしまった母親を探しているうちに、男の子の家に来てしまったようです。
男の子は、よるくまと一緒にこころ当たりの場所を探しに出かけますが、あちこち探しまわっても、どこにも見当たりません。もしかして家に帰っているのかも?そんな期待も虚しく、家にもおかあさんの姿はありません。
途方に暮れて見上げた夜空。流れ星に助けを求めると、ひょいとふたりのからだが持ち上がり……?
じつは、よるくまのおかあさんは、夜中にこっそり抜け出して、夜空の海で魚釣りのお仕事をしていたのでした。ワーキングマザーが増えたいま、なんだか親近感がわく、なんて言う読者の声も多いそうです。おかあさんも、そうでない方も、長い夜の続く冬には、こんな絵本でほっこり温まるのもいいですね。

絵本を紹介してくれる人

子どもの本の専門店として43年選書をし続けてきた「クレヨンハウス子どもの本売り場」と保育や育児を30年以上応援し続けて来た「月刊クーヨン編集部」。子どもと大人の目線で、毎月「ぜひ読んでほしい!」絵本を紹介していただきます。

クレヨンハウス公式サイト


この記事のご感想をお聴かせください。

年齢
性別
こくみん共済 coop の共済を利用していますか?
この記事は面白かったですか?
上記で記載いただいたご感想をサイト上で公開してもよろしいですか?
今後皆さまの感想を寄せたページを作成予定です
 

お問い合わせ[お客様サービスセンター]

0120-00-6031

平日 9:00~19:00/土曜 9:00~17:00 日曜・祝日・年末年始はお休み

  • 電話番号のおかけ間違いにはご注意ください。自動音声でご案内後、担当者におつなぎします。
  • 休み明けは電話が混み合うことがございます。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。