今月の「生きるヒント」

シリーズ 人生のチャレンジ 移住を選んだ人たち 第1回《後編》家具職人 大島正幸さん

山あいの村に、会社と家庭を築いた家具職人。移住時の所持金30万円。あったのは、腕、夢、そして情熱。

前編はこちら

プロフィール
おおしま・まさゆき/栃木県出身。 木工房ようび 代表兼職人。建築学部を卒業するも、平面図から立体空間が感じられないことに問題意識をおぼえ、木工を学ぶ塾に入塾。2年の無給修業時代を経て、飛騨高山の家具メーカーに就職し、家具の製作・設計など幅広く携わる。ひょんなことから出向いた、岡山県にある人口1600人の山あいの村、西粟倉との運命の出会いによって同地に移住。地元の木材を使ったオーダーメイドの家具づくりに心血を注いでいる。福武文化奨励賞など受賞歴多数。

崖っぷちを乗り越えて、充実の日々

2013年に第一子が誕生。奈緒子夫人は公私ともに良きパートナー

― しばらく遠距離恋愛だった彼女、今の奥様はどのタイミングで西粟倉にいらしたのですか。

大島さん :最初に移ってくるときに、一緒に来てほしくて結婚を申し込んだんですよ。でも、彼女は彼女でやりたいことがあったんですよね。ちょっと待ってくれと言われました。だから僕は、いろんな意味で崖っぷちだったんです(笑)。幸い2年後に来てくれて、どれだけ救われたかわかりません!

― そこまで思い入れて移り住んだ西粟倉村はいかがですか。

大島さん :会社に所属して家具をつくっていた頃の3倍大変ですが、4倍笑っています。自分も社員も本当によく働いて、そして、よく食べています!この村は95%が森林。だからなんといっても水がおいしい。水がおいしいと、おいしいお米が育つでしょ。うちの会社にとって食事はものすごく重要なんです。毎日朝晩、持ち回りでつくってみんなで食べるのですが、お米は年間で400kg消費しています!

― そうですか!皆さんで召し上がるごはん、よほどおいしいのでしょうね。

大島さん :はい。「ようびめし」って言ってるんです。旨くて有名なんですよ。持ち回りでつくるから、料理が上手になります。最年少の社員は、最近まで女子高生だったのですが、「料理が上手くなると家具づくりも上手くなる」と教えています(笑)。全国から集まってきているので、社員がひとり増えるごとに、出てくる郷土料理が増えていく楽しみもあります。人と食べるのって、こんなに楽しいんだと知ったのも、ここに来てからですね。

― うんとご苦労されたけれど、ここでお子さんが生まれて、いい仲間もできて、今は充実しているのですね。

大島さん :充実してますよ。お陰さまで、僕らの家具を買ってくれるお客さまも、注目される機会も増えました。だけど満足しているわけではありません。まだまだやりたいことがいっぱいあります。第一僕は、スローライフを楽しむために田舎に来たのではありません。ここで挑戦するために来たんですもん。

人口1600人の村から、世界に打って出る!

岡山県美作市にある温泉旅館「季譜の里」のロビーには、大島さんが手がけた家具が並ぶ

― 大島さんの、次なる挑戦はなんでしょう。

大島さん :どうやったら、世界に挑戦できるか考えてます。ひのきは日本らしい素材だから、これで打って出たいんです。面白いじゃないですか、この、ど田舎から世界の最先端のものづくりを発信できたら。田舎=資源のおひざ元にいるわけなので、有利なんじゃないかと思うわけです。

― 確かにそうですね。

大島さん :社員みんなで、家具の本場デンマークに、研修旅行にも行ったんですよ。テキスタイルの視察でフィンランドにも寄りました。その経験をもとに、オリジナルのテキスタイルの開発にも挑戦しています。

完璧を追求し、丁寧に感触を確かめながら仕上げていく

― それは夢が広がりますね。

大島さん :でも、足元でやらなくてはいけないこともたくさんある。だからすごく忙しい。「明るい引きこもり」で、始終工房にいます。うちの家具はすべてオーダーメイド。一人ひとりの一生ものをつくるため、絶対に妥協はしません。社員には、僕らは家具をつくる仕事をしているのではなく、対価をもらう仕事をしているんだと言っています。総合的にです。だから、ホスピタリティのある技術者にならなくてはいけない。この両方が揃うって、実はあんまりないんです。

いい家具をつくり、いい森をつくりたい

― そこまでできる熱意の原動力はなんなのでしょう。

大島さん :ここに来てやっていることの原点はやはり、あのおじいちゃんの植えたひのきの森ですね。それを大切に受け継いできた人に会って感動した。「この人を笑顔にしたい、家具を手にしたお客さんも笑顔にしたい」その一念です。

― 林業が衰退し、かつて植林された木の利用がなくなったことで、荒廃した人工林が日本中にありますよね。里山が失われ、人と森との距離も遠くなりました。

大島さん :この辺の、すこやかな森では、ヒメボタルを見ることができます。初夏に舞うのですが、すごく幻想的な風景です。僕らがここの木を使ったことで、そんな森が増えていったら嬉しいです。それから、うちの家具を注文くださる人たちの多くが、都会から工房に足を運んでくれるので、「家具を買ったら田舎がついてきた」なんて言って、この山あいの村に愛着を持ってくれたら最高ですね。

大島正幸さんの生きるヒント『「情熱は足りているか」自分に問う。』チャレンジしたい夢があって、その夢が、自分と周りの人を、少しでも幸せにできるような夢なら、これ以上に嬉しいことはないでしょう。だけど、チャレンジするには情熱がなくてはいけないですよね。毎日、朝起きたときと寝る前に、「情熱は足りているか」問いかけることを習慣にしています。…って、うちの社員はいつもこんなこと言われてたまんないと思います(笑)。厳しくもやさしく、粘り強く僕につき合ってくれる妻も、立派だと思います!


この記事のご感想をお聴かせください。

年齢
性別
こくみん共済 coop の共済を利用していますか?
この記事は参考になりましたか?
上記で記載いただいたご感想をサイト上で公開してもよろしいですか?
今後皆さまの感想を寄せたページを作成予定です
 

本アンケートに関するご返答は致しかねますのであらかじめご了承ください。
こくみん共済 coop に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ[お客様サービスセンター]

0120-00-6031

平日 9:00~19:00/土曜 9:00~17:00 日曜・祝日・年末年始はお休み

  • 電話番号のおかけ間違いにはご注意ください。自動音声でご案内後、担当者におつなぎします。
  • 休み明けは電話が混み合うことがございます。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。