今月の「生きるヒント」

シリーズ 人生のチャレンジ 移住を選んだ人たち 第23回《前編》川村圭子さん

ユルくない田舎暮らし。そこにあるリアルと、そこで感じるリアルを大切に、やさしい波を送り続けたい

後編はこちら

プロフィール
かわむら・けいこ/大阪府出身。おとなしく空想好きな「自分の世界」の子どもだった。同級生とつかず離れずの少女時代を経て、芸術系の大学に進む。大学在学中に出会った夫と共に、京都の田舎で自給的な暮らしに挑戦。23歳で結婚。出産を機に、夫の出身地である高知県土佐町に移住して、手づくり焼菓子などの通販を始める。通販に続き自宅はなれの古民家で始めたカフェは、遠方からもお客さんの絶えない人気店に。同じ頃イラストの執筆も始めて大忙しの日々を送る。2014年に評判のカフェを閉め、作家ヒビノケイコとして次のステージに。初の著書「山カフェ日記」(Live design研究所)を出版。現在はブロガーとしても人気を博している。ヒビノケイコ公式ブログ
川村圭子さんのじぶん年表

常にちょっとマイノリティ

― 物静かな雰囲気の川村さんですが、どんなお子さんだったのでしょう。

川村さん:おとなしかったですね。小さい頃から絵が好きで、ひとりでぼーっとあれこれ空想しては、お絵描きしてました。友だちがいないことはありませんでしたけど、周囲とはどこか通じ合えなくて、淋しいところもある子どもだったと思います。感受性が強すぎるからと、親を心配させたようです。

― 周囲と通じ合えないような感覚というのは、長く続きましたか?

川村さん:高校まではそうでした。大学は美術系だったこともあり、変わった人が多くて面白かったです。交友関係が広がって、いろんな大人に出会って刺激的でした。ただ、アートを志す人、嗜好する人たちの中でも、いわゆるメインストリームにいたことはなかったですね。常にちょっとマイノリティという自覚がありました。

― 川村さん自身は、アートの中でもなにを大学で学ばれたのでしょう。

川村さん:陶芸学科でした。やってみて結局、合わなかったんですけどね。私は思ったものを瞬間的に表現したいタイプだったようです。

― 瞬間的に表現。なるほど。現在ヒビノケイコとして発信されているものでは、ご夫婦のお話もよく登場しますが、夫である幸司さんとは、陶芸をなさっている学生時代に出会って、京都の田舎でずいぶんストイックな暮らしをされていたと…。

ストイックな自給的暮らしが、出産を機に頓挫?

川村さん:そうなんです。土に根づいた暮らしをしながら、そこで養われる感性から出てくる作品をつくりたい思いで。そうそう、あの頃はかなりストイックでした。家賃3,000円で借りた廃寺には水道もなくて、タンクを設置するまでは水汲み生活を送りました。ほぼ菜食で、自給自足に近かったです。そうゆうものを、理想として描いてもいました。

― 水道なしで!自然派としても、かなり上級編ですね…。

川村さん:はい(笑)。

― 現在もナチュラルな印象ではありますが、そうストイックではないような。

川村さん:やってみて、その路線からは少し方向転換したんです。

― どうしてでしょう。

川村さん:数年やってみて、単純に、しんどくなったんです。25歳のとき子どもが生まれて、そこからですね。まず、おむつが大量に出ますよね。当時の私たちとしては、当然のごとく布おむつを使っていたわけですが、これがすごく大変で。もう、寝る間も惜しんで次から次へと洗わないと間に合わないんです。質素な食生活のためか、体力も足りない(笑)。

― あはは!シンプルですが、大発見!

川村さん:そうなんですよ。それで、理想を追求するより、現実と折り合うよう、無理のない中での最善の選択をしようという結論になったんです。ときどき紙おむつでもいいじゃないかって。

― そんな気づきの中で、幸司さんの故郷、高知県土佐町に移住された。

川村さん:もうちょっと、家族で地域とかかわりながら生きてみたいと思って、ふたりでいろんな候補地を見て回ったんです。夫もUターンありきではありませんでした。でも結局、今住んでいるこの家が一番気に入ったんです。ここの周辺環境が好きでした。小さな川が流れていて、それから、光の感じが良かった。

京都では、野原の中にある廃寺の庫裏(くり)が住まいだった。

― 田舎暮らし、しかもかなりストイックな生活を経験されていたので、ほかに移るにあたっても、特に不安はありませんでしたか。

川村さん:あれを思えばね(笑)、生活面ではほとんど不安はありませんでした。わたし自身は都会で生まれ育っていますけど、不便な田舎暮らしはお試し済み。それより、地域に入ってゆくことに伴う人間関係のほうが不安でした。事前に読んだ本の中には、恐ろしいことが書いてあるものもあって。

人知れず存在する、効率とは別のモノサシ

― 実際に暮らし始めてみて、どうでしたか。

川村さん:そんなに恐ろしくはなかったです(笑)。こちらもだんだん要領を得てきて、つき合い方が身についてきました。確かに、よく言われているように、一瞬にしてウワサが駆け巡るとか、それも、ときに事実ではないことが一人歩きするとか、本当にあるんですよね。でもまぁ、最後は気にしなければいいんです。悪いことばかりではなく、良い面もたくさんありますしね。悪い面と思っていたことに、実はとても良い面が隠れていることもあります。

― 例えばどんなことでしょう。

川村さん:一番は、効率でははかれない価値についてですね。都会は合理的にできていますが、田舎は違います。例えば、集落の会合。私からすると、5分もあれば用が足りるようなことに、みんな1時間かける。無駄なやり取りが多い気がして、「忙しいのに早く終わってくれないかな」と思うわけです。でも、そうしたコミュニケーションの中で、地域のおじいちゃん、おばあちゃんの体調がどうなのか、困りごとはないか、いつの間にか把握するんですね。

― あー、なるほど。

川村さん:それから、食べ物への手間のかけ方がすごいんです。こんにゃくひとつに栽培から始めちゃうほどで、気が遠くなる手のかけ方をします。「どうしてそこまで」と聞くと「そりゃあ、おいしいからよ」と。やっぱり、時間的効率は勘定されていないんですね。いかにおいしくするかしか見ていない。だからこそ、なんでも自分の手でできるようになるんです。

― 逆に言うと、都会の感覚が、いかに効率を中心に置いたものなのかがわかりますね。

2012年頃の家族写真。みんないい笑顔。

川村さん:本当に。私もすぐ、「なんのために?」って思っちゃうんですよね。田舎の人が、自分の庭でもないところをきれいに草刈りするのもそう。都会の脈絡では絶対にやらないことですよね。なにも得にならないというか、本人たちにも理由づけができないようなことを、疑いなくやるんですよ。そんな姿に触れることができて、とても良かったと思うんです。多くの人がこうした感覚を知ることで、私たちはもっと広い世界観で生きられるようになる気がします。よく、田舎だと子どもの教育環境が心配だという声が聞かれますが、私は息子にも、ここで体験させたい。洗練された知性も、ITの知識もつけてもらいたいけれど、根っこは田舎がいいと思っています。


この記事のご感想をお聴かせください。

年齢
性別
こくみん共済 coop の共済を利用していますか?
この記事は参考になりましたか?
上記で記載いただいたご感想をサイト上で公開してもよろしいですか?
今後皆さまの感想を寄せたページを作成予定です
 

本アンケートに関するご返答は致しかねますのであらかじめご了承ください。
こくみん共済 coop に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせ[お客様サービスセンター]

0120-00-6031

平日 9:00~19:00/土曜 9:00~17:00 日曜・祝日・年末年始はお休み

  • 電話番号のおかけ間違いにはご注意ください。自動音声でご案内後、担当者におつなぎします。
  • 休み明けは電話が混み合うことがございます。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。