2020/4/1

自動車保険(共済)の等級とは?マイカー共済を例に説明!

契約者の事故の有無に応じて、掛金(保険料)を割り引いたり、割り増したりするのが自動車保険(共済)(以下、自動車補償とします)の等級制度です。今回は、マイカー共済を例にしながら、等級制度を説明します。

自動車補償の等級制度のしくみ

自動車補償の等級は、1等級から20等級(マイカー共済の場合は22等級)まであり、初めて自動車補償に加入する場合は、一般的な自動車保険もマイカー共済も6等級になります。

等級が変わるタイミングは契約の更新時期です。保障の開始日から満期日までに、事故があって補償を利用したかどうかによって、等級が上がったり、下がったりします。事故があった場合、等級が下がります(保険料(掛金)の割引率が下がる、もしくは、割増率が上がります)。反対に、事故がなかった場合、等級は上がります(割引率が上がります)。

等級によって割引率が設定されていますが、割引率は「事故なし」と「事故あり」に区別され、前年に事故があった方と事故がなかった方では、割引率が異なります。例えば、マイカー共済の場合、同じ10等級でも、「事故なし」で9等級から10等級に上がった場合は45%割引、「事故あり」で13等級から10等級に下がった場合は26%割引と割引率に差があり、事故がない方が掛金(保険料)で優遇されるしくみになっています。

○マイカー共済の等級別割引・割増率


*前契約がある場合の割引率です。初めて契約される場合(前契約なし)は、7%の割増率が適用されます。

事故で補償を利用したら等級はどうなる?


事故で補償を利用した場合は、事故の内容によって下がる等級数が異なります。3等級ダウン事故があった場合は1回につき3等級減算、1等級ダウン事故があった場合は1回につき1等級減算、6等級ダウン事故があった場合は6等級減算します。
事故有係数適用期間とは、「事故あり」の係数(割引率)を適用する年数のことです。初めて契約される方の場合は「0年」になります。例えば、3等級ダウン事故があると、「3年」が加算され、3年間事故有係数が適用されます。次の共済期間の初日から1年経過するごとに「1年」を減算し、無事に3年間事故がなければ、3年後に事故有係数適用期間は「0年」になり、「事故なし」の割引率が適用されるようになります。事故有係数適用期間の上限は「6年」、下限は「0年」です。

○マイカー共済に加入して、22等級で3等級ダウン事故があった場合

経過年数 現在
(事故発生)
1年後 2年後 3年後 4年後
等級 22等級 19等級 20等級 21等級 22等級
事故なしの
割増引率
64%割引 64%割引
事故ありの
割増引率
やじるし 41%割引 43%割引 43%割引 やじるし
事故有係数適用期間 0年 3年 2年 1年 0年

マイカー共済の特徴の1つが、最大22等級です。22等級時に3等級ダウン事故があると、翌年の更新時は19等級となり、3年間無事故で過ごしたなら事故なしの22等級に戻ります。19等級から無事故で1年過ごすと、事故ありの20等級となり、割引率が最も高い43%割引が適用されます。つまり、安全運転で無事故を続けられた優良ドライバーを応援する制度です。
こくみん共済coopがこのような制度にしているのは、広く社会に安全運転を広めたい、事故のない社会にしたいという想いがあるから。制度だけではなく、未来ある子どもたちを交通事故から守るための「7才の交通安全プロジェクト」をはじめ、交通安全の意識を高めるためのさまざまな取り組みを行い、情報を発信しています。
保険会社によって、掛金(保険料)はもちろん、補償内容や割引制度も異なります。
補償内容の点検とあわせて、一度、見積もりしてみてはいかがでしょうか?

Copyright(C) 2020 FPユニオンLabo. All Rights Reserved.


この記事のご感想をお聴かせください。

年齢
性別
こくみん共済 coop の共済を利用していますか?
この記事は面白かったですか?
上記で記載いただいたご感想をサイト上で公開してもよろしいですか?
今後皆さまの感想を寄せたページを作成予定です
 

お問い合わせ[お客様サービスセンター]

0120-00-6031

平日 9:00~19:00/土曜 9:00~17:00 日曜・祝日・年末年始はお休み

  • 電話番号のおかけ間違いにはご注意ください。自動音声でご案内後、担当者におつなぎします。
  • 休み明けは電話が混み合うことがございます。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。