バトン

バトン 人生の中で、出会いたくはないけれど、決して無視することはできない予想外の病気やケガ、そして自然災害。そんな困難に遭遇しながらもこくみん共済 coop とともに乗り越え、前へ進む皆さまからの勇気と思いやりのあるメッセージ“バトン”が届きました。 バトン 人生の中で、出会いたくはないけれど、決して無視することはできない予想外の病気やケガ、そして自然災害。そんな困難に遭遇しながらもこくみん共済 coop とともに乗り越え、前へ進む皆さまからの勇気と思いやりのあるメッセージ“バトン”が届きました。

共済金を受け取られた皆さまの声募集中!応募はこちら共済金を受け取られた皆さまの声募集中!応募はこちら

このメッセージ“バトン”に共感した方
ただいま、0

バトン一覧

NO.47 茨城県 男性 50代以上 [自然災害]

東日本大震災で被災した時には、多くの方の思いやりや励ましの言葉、シートなどの養生品をいただき、本当に助かりましたし心の支えになりました。
保障内容が充実していることと組織が大きく安心ということで加入した全労済でしたが、火災、自然災害、地震などの保障の掛金が手頃で、しかも被災時の対応が早く驚きました。おかげで我が家の破損した屋根などの修理費に充てることができとても助かりました。
精神的にも多くの方たちに助けられ、資金面でも保障に入っていたことで、今では以前と変わらない生活ができています。
被災地では、未だに大変な苦労されている方もいると思います。みなさんの頑張る姿を見ると「力になりたい」と思う気持ちが湧いてきます。頑張ってください。応援しています。

14,965

このメッセージ“バトン”に共感された方は、
「共感した」をクリック!

NO.46 茨城県 女性 50代以上 [自然災害]

東日本大震災のおり、我が家は一時的に水道が使えなくなったことに加え、屋根と外壁に補修が必要になりました。全労済の担当者はすぐ駆けつけてくれて、共済金も早く受け取れたのでとても助かりました。
あの震災で、電気・水道などが当たり前に使えることのありがたさ、いざという時の水や食料、そして保障を備えることの大切さを実感しました。
あれから4年以上が過ぎましたが、まだ仮設住宅にいる方々は生活するのに不便があると思います。でも近所の方々と協力しあって、頑張ってください。

14,993

このメッセージ“バトン”に共感された方は、
「共感した」をクリック!

NO.45 神奈川県 男性 30代 [入院]

急な入院。家に帰ることもできなかったときは、まさか自分がという気持ちでした。仕事や職場の上司・同僚に迷惑をかけてしまうと思いました。
しかし、入院時に必要なものや身の回り品を持ってきてくれたり、見舞いに来てくれて気分転換になりました。
多くの人に助けられたと感じています。
急な出費となりましたが、共済金で補填ができました。共済金の支払いまでが迅速です。また、充実した保障内容、手頃な掛金など、迷っている人がいれば、ぜひすすめたいと思います。
自分は早期発見であったため術後も大して苦労せず、また、入院も短期でした。
今振り返って思うことは、健康第一であること。そして、家族、会社の上司・同僚には感謝しています。

15,295

このメッセージ“バトン”に共感された方は、
「共感した」をクリック!

NO.44 東京都 女性 50代以上 [入院]

まさか自分が…と思いました。たおれるまでは病院にもかからず、自分が健康だと思っていたから、本当にびっくりです。
そのときは、家事を家族が協力してやってくれ、ちょっとの暇をみては、友人がお見舞にきてくれて、うれしかったです。
ただ、入院・手術代がとても高かったのですが、共済金のおかげで、支払いができました。こくみん共済は掛金が年齢に関係なく、通院費も出るところがうれしいですね。
思えば、ちょっと具合が悪いところもあったなと反省しています。少しでも気になることがあったら、しっかり病院に行って、治療するべきだったと思います。
もし、気になることがあったら、すぐ受診してください。そして前向きに生活していってください!!

15,182

このメッセージ“バトン”に共感された方は、
「共感した」をクリック!

NO.43 栃木県 男性 30代 [けが/入院]

旅行先での骨折。こんな遠くで骨折してしまって、どうしよう。しばらくは入院で、職場や家族に迷惑を掛けてしまうのではないか、ということばかり考えてしまいました。
帰宅するまでは大変でしたが、家族や友人が病院の手配をしてから途中まで迎えにきてくれたり、入院中も毎日会いに来てくれました。
手術後は激痛との闘いでした。入院中は苦手な病院での生活で気分が滅入る事も多々ありましたが、家族が沢山会いに来てくれて、励ましてくれたりしたので、なんとか退院まで頑張れました。
また、職場の方々にも休職でご迷惑をおかけしたのにもかかわらず、休職中や復帰後に温かいお言葉を頂き感謝の気持ちでいっぱいです。
このときは、入院・手術等の費用を共済金でまかなえました。しかも、共済金申請後の支払いがすぐだったので、たいへん助かりました。おかげで、多額の入院費用・二ヵ月もの休職を乗り切る事ができました。
怪我は思いもよらない時に突然やってきます。自分は大丈夫、保障はそのうち考えればいいや・・・何て思わずに大切な家族のために、自分の生活のために、全労済の保障に加入する事をオススメします。

15,359

このメッセージ“バトン”に共感された方は、
「共感した」をクリック!