• ご加入の皆さま
  • マイページ
  • 共済金のご請求

  • お問い合わせ
  • お見積もり
  • 資料請求
  • WEBで加入手続き ◎お見積もりのみもOK!

ZENROSAI 60th ANIVERSARY おかげさまで全労済は60周年を迎えました 年表とキーワードからみる60年

訪問によるご相談

生活保障アドバイザーがご自宅やお勤め先へ訪問し、保障に関するご相談や加入手続きのお手伝いをします。

たすけあう社会づくり

安全対策Q&Aコーナー

大阪推進本部のなりたち

全労済は、消費生活協同組合法(生協法)に基づき厚生労働省の認可を受けて設立された共済事業をおこなう協同組合です。協同組合は、生活をより良くしたいと願う人びとが自主的に集まって事業をおこない、その事業の利用を中心にしながら、みんなで活動を進めていく、営利を目的としない組織です。

1950年代、暮らしの安定を目的として労働者福祉への関心が高まる中、全労済大阪推進本部(大阪労済)は、日本で初となる労働者共済生活協同組合として、1954年12月1日に火災共済事業を開始しました。

設立当時は労働組合(職域)を中心に活動を展開していましたが、1980年代に発売を始めたこくみん共済を契機として、地域の勤労者に対しても広く共済を推進してきました。

組合員のさまざまなニーズにあったトータルな生活保障設計に対応できるよう、現在では、住まいる共済(新火災共済・新自然災害共済)、団体生命共済、こくみん共済・新総合医療共済・ねんきん共済・マイカー共済など幅広い保障を取り揃えています。

また、共済事業の推進だけでなく、防災・減災への意識を高め、日頃の備えについて考えていただくことを目的とした「防災・減災体験型イベント」や、子どもの健全育成を目的とした「子ども絵画コンクール」「子ども写生大会」を毎年開催しています。

私たち全労済は、理念である「みんなでたすけあい、豊かで安心できる社会づくり」の実現と「より魅力的な保障の生協」となることをめざして活動していきます。

創業まもない大阪労済