防災・減災の普及啓発活動
『もしもプロジェクト渋谷』
~もしも渋谷で大地震が起きたら~

『もしもプロジェクト渋谷』は、
こくみん共済 coop が渋谷区観光協会、渋谷未来デザインと
ともに主催しています。

もしもプロジェクト渋谷

住まいの保障から事業を開始した当会は、万一から命と暮らしを守る防災・減災活動に取り組んでいます。
東日本大震災から10年、これまでの災害対応の中で得た教訓と経験をもとに、更なる防災・減災の普及とネットワークづくりを進めていきます。
その一つとして、渋谷区に本拠を構える当会は、渋谷に暮らす人、働く人、遊びに訪れる人など多様な人が集う渋谷区の特性を踏まえた『もしもプロジェクト渋谷』を渋谷区観光協会、渋谷未来デザインとともに主催しています。

もしもプロジェクトのメッセージ


「もしも」は
「いつか」やってくる。

もしも首都直下地震が起きたなら。多くの電車がストップし、帰宅困難者が500万人。食料は3400万食が不足する。あらゆるところで停電が起こり、避難生活者が300万人をこえることになる。75%の人が思考が止まってしまい、10%の人が異常な行動をとってしまう。そんな試算があります。

「もしも」は「いつか」必ず起こるもの。
でも、その「もしも」に備えれば、未来は大きく変わるはず。

2021年3月11日、東日本大震災から10年を迎えました。過去から学び、きちんと未来に備えること。もしもプロジェクトはみんなで「もしも」を考え、「備え」を実行していくためのプロジェクトです。

多様性の街の渋谷では、その対策だって、多様である必要があります。渋谷に暮らす人、働く人、遊びにきた人。まずは、渋谷という都市の中に、「もしも」の日のために何ができるかを一緒に考えてみませんか。

もしもプロジェクト渋谷 ご報告

もしもカンファレンス

2021年4月20日収録 5月1日より配信 @オンラインイベント

オンライン配信中。ぜひご視聴ください。

プログラム紹介

<第一回> 「テーマ: マイノリティデザインと防災・減災」
登壇者:一般財団法人 渋谷区観光協会 代表理事 金山淳吾 氏、DE Inc. Co-CEO 牧野圭太 氏、コピーライター/世界ゆるスポーツ協会代表 澤田智洋 氏、株式会社危機管理教育 研究所 代表 国崎信江 氏

<第二回> 「テーマ: もしもプロジェクトの未来に関して」
登壇者:一般社団法人渋谷未来デザイン 理事・事務局次長 長田新子 氏、DE Inc. Co-CEO 牧野 圭太 氏、株式会社小国士朗事務所 代表取締役/プロデューサー 小国士朗 氏

<第三回> 「テーマ: 復興に関して」
登壇者: DE Inc. Co-CEO 牧野圭太 氏、一般社団法人 FUKKO DESIGN 理事 木村充慶 氏

<第四回> 「テーマ: 企業の取り組み」
登壇者:株式会社 arca 代表辻愛沙子 氏、DE Inc. Co-CEO 牧野圭太 氏、ヤフー株式会社 SR 推進統括本部 社会貢献ユニット 災害チーム 安田健志 氏、こくみん共済 coop〈全労済〉本部 ブランド戦略部 ブランドコミュニケーション課 一入恭子

テーマ:マイノリティデザインと防災・減災

テーマ:マイノリティデザインと防災・減災

テーマ:もしもプロジェクトの未来に関して

テーマ:もしもプロジェクトの未来に関して

テーマ:復興に関して

テーマ:復興に関して

テーマ:企業の取り組み

テーマ:企業の取り組み

渋谷駅周辺での啓発活動

2021年5月1日~5月14日まで@渋谷駅周辺

「もしも渋谷で大地震が起きたなら、どうすればよいか?」。渋谷駅周辺のポスター・ビルボードなどにメッセージを掲出、その場所に合った災害時に取るべき行動、避難場所の誘導などを盛り込んでいます。

もし街中にいるときに地震がきたらどんな行動を取るべきか?身近な街に置き換えて想像し、備えるきっかけにしてください。

もしもプロジェクト渋谷 憲章ボード

過去に起こった大地震発生時刻を掲載
(タップで拡大します。)

知っておきたい避難場所

知っておきたい避難場所

真っ暗闇で取るべき行動は?

真っ暗闇で取るべき行動は?

もしも展・もしもストア

2021年5月1日~5月9日まで@もしも展:n_space/もしもストア:東急ハンズ渋谷店
※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から限定公開、一部見送りとしたため、本ページで一部ご紹介します。

ここでは、「もしもの100」をご紹介します。ご自身にとっての「もしも」をイメージしながら、必要な備えをチェックしてください。

「もしもの100」

知っておきたい防災グッズから、知っておくと役に立つ防災知識まで、防災にまつわる100のトピックスをご紹介。備えること、知識を蓄えること、ここから始めてみませんか?

もしもの100

あなたに必要な備えはどれですか? 「もしもの100」

基本のもしも

No.001~029

ヘルメット

001︓ヘルメット
ヘルメットをかぶって、頭への怪我を防ぐ。

避難所の生活

No.030~037

トランプ

030︓トランプ
避難所の暮らしがやわらぎます。

水のない生活

No.038~044

携帯トイレ

038︓携帯トイレ
常備しておくと安心な非常用トイレ。

食べ物のない生活

No.045~051

いつもの缶詰

045︓いつもの缶詰
好きな缶詰で避難生活に心の余裕を。

電気のない生活

No.052~057

乾電池

052︓乾電池
乾電池があれば使えるものが増えます。

女性のもしも

No.058~062

生理用ナプキン

058︓生理用ナプキン
避難所で支給がない場合、備えておくと安心。

シニアのもしも

No.063~066

高層難民

063︓高層難民
高層階の物資不足、日頃から多めの備蓄を。

障がい者のもしも

No.067~070

ヘルプバンダナ

067︓ヘルプバンダナ
目や耳が不自由なことを伝える方法です。

ペットのもしも

No.071~074

ペットフード

071︓ペットフード
人と同じように1週間分の備えが安心。

もしもの「後」にできること

No.075~100

冷静な判断ができるのは10%

075︓冷静な判断ができるのは10%
75%が思考停止、15%が泣き叫ぶと言われています。

「もしもの100」展示ブースの様子

防災ポーチ

008:防災ポーチ
普段のカバンの中にも小さな防災ポーチを。

ラップ

016:ラップ
ケガの手当てや体を温めるのに大活躍。

携帯トイレ

038:携帯トイレ
常備しておくと安心な非常用トイレ。

ヘルプバンダナ

067:ヘルプバンダナ
災害時のSOSを簡単に伝えるために。

キックオフイベント「もしも会議」

2021年3月6日@オンラインイベント

プロジェクト始動にあたり、発表会&トークセッションを開催、オンラインによるライブ配信を行いました。渋谷区長をはじめ、主催企業・団体代表が参加しました。

プログラム紹介

・もしもプロジェクトの発表
・渋谷区での防災・減災の取り組み
・もしも、渋谷で大地震が起きたなら

もしもプロジェクト始動

もしもプロジェクト始動

こくみん共済 coop の「防災・減災」の考え方

こくみん共済 coop の
「防災・減災」の考え方

渋谷らしい「アート×防災」のユニークな取り組み

渋谷らしい「アート×防災」
のユニークな取り組み

当日の登壇者

当日の登壇者

岩手県宮古市と中継をむすんだ「14:46 黙祷プロジェクト」

2021年3月11日@渋谷区立宮下公園

3月11日14時46分、渋谷区立宮下公園にて、岩手県宮古市と中継をむすび、黙祷プロジェクトを実施しました。
あの日を忘れないことも、もしも渋谷で大災害が起きた場合の防災につながります。
行き交う多くの方が足を止め、登壇者、モニターの向こうの宮古市の方々と共に黙祷を捧げました。

ハチ公デザインの黙祷イベントステージ

ハチ公デザインの
黙祷イベントステージ

登壇者の黙祷

登壇者の黙祷

行き交う多くの方々が足を止めて黙祷

行き交う多くの方々が
足を止めて黙祷

モニターの向こうの宮古市と中継をむすんで黙祷

モニターの向こうの宮古市と
中継をむすんで黙祷

『もしもプロジェクト渋谷 』専用ページ

もしもプロジェクト渋谷の公式サイト・公式Twitterでは、上記でご紹介した以外にも、様々な防災・減災に関する情報を発信しています。ぜひご覧ください。

「もしも」のリスクに備えよう こくみん共済 coop の災害に備える保障

もしものときの備え、準備していますか?
あなたの住まいの保障について見直してみましょう。

住まいる共済 火災共済・自然災害共済
地震

地震

台風

台風

豪雨

豪雨

大雪

大雪

火災

火災

持ち家でも賃貸でも
(戸建て・マンション・アパートなど)
ニーズに合わせてお手軽に保障を選べます。

住まいの保障について、もっと知る

「もらい火で火事に......保障はどうなるの?」「契約のとき不動産会社に勧められる火災保障は、加入しなければいけないものなの?」などの疑問を解決しながら、住まいの保障を選ぶポイントを、さまざまなコラムで掲載しています。

もしものときに役立つ、関連情報

たすけあいで防災・減災

こくみん共済 coop では、
防災・減災について考える
様々な取り組みを行っています。

たすけあいで防災・減災