防災・減災の普及啓発活動
『もしもプロジェクト渋谷』
~もしも渋谷で大地震が起きたら~

『もしもプロジェクト渋谷』はこくみん共済 coop が「渋谷区観光協会」「渋谷未来デザイン」とともに主催しています。

もしもプロジェクト渋谷

新着情報

渋谷区と『もしもプロジェクト渋谷』が連携し、
新たに取り組む防災イベント

もしもフェス渋谷

『もしもフェス渋谷』は、2019年まで開催されていた渋谷区総合防災訓練(SHIBUYA BOSAI FES)の流れをくんで、2022年9月3日(土)・4日(日)の2日間、代々木公園において渋谷区民・来街者参加型で「防災・減災」を普及啓発する新しいイベントです。

もしもプロジェクトとは

住まいの保障から事業を開始した当会は、万一から命と暮らしを守る防災・減災活動に取り組んでいます。
これまでの災害対応の中で得た教訓と経験をもとに、更なる防災・減災の普及とネットワークづくりを進めていきます。
その一つとして、渋谷区に本拠を構える当会は、渋谷に暮らす人、働く人、遊びに訪れる人など多様な人が集う渋谷区の特性を踏まえた『もしもプロジェクト渋谷』を「渋谷区観光協会」「渋谷未来デザイン」とともに主催しています。

もしもプロジェクトのメッセージ

もしも首都直下地震が起きたなら。多くの電車がストップし、帰宅困難者が500万人。食料は3400万食が不足する。あらゆるところで停電が起こり、避難生活者が300万人をこえることになる。75%の人が思考が止まってしまい、10%の人が異常な行動をとってしまう。そんな試算があります。

「もしも」は「いつか」必ず起こるもの。
でも、その「もしも」に備えれば、未来は大きく変わるはず。
過去から学び、きちんと未来に備えること。もしもプロジェクトはみんなで「もしも」を考え、「備え」を実行していくためのプロジェクトです。

もしもプロジェクト渋谷 活動アーカイブ

暮らす人、働く人、遊ぶ人など、多様な人が集う渋谷を舞台に、一人ひとりが「もしも」の日のために何ができるかを考え、備えることで、レジリエントな街づくりをめざす「もしもプロジェクト渋谷」
さまざまな団体やステークホルダーの皆さまとの活動をアーカイブでご紹介します。

岩手県宮古市と中継をむすんだ「14:46 黙祷プロジェクト」

岩手県宮古市と中継をむすんだ
「14:46 黙祷プロジェクト」
2021年3月11日@宮下公園

防災グッズや防災知識を共有「もしも展」

防災グッズや防災知識を共有
「もしも展」
2021年5月1日~5月9日@n_space

具体的な防災・減災アクションに向けた「もしも会議 ~進化する都市防災~」

具体的な防災・減災アクションに向けた
「もしも会議 ~進化する都市防災~」
2021年11月11日@渋谷キャスト&オンライン

もしもプロジェクト渋谷 コンテンツ

もしもプロジェクト渋谷の活動でうまれたコンテンツを一部ご紹介します。
渋谷以外の地域でもSNSや新聞、ローカル雑誌などで発信しています。

もしもの100

持っておきたい防災グッズから、知っておくと役に立つ防災知識まで、防災にまつわる100のトピックスをご紹介。
備えること、知識を蓄えること、ここから始めてみませんか?

もしもの100

あなたに必要な備えはどれですか?

基本のもしも

No.001~029

ヘルメット

No.001︓ヘルメット
ヘルメットをかぶって、頭への怪我を防ぐ。

避難所の生活

No.030~037

トランプ

No.030︓トランプ
避難所の暮らしがやわらぎます。

水のない生活

No.038~044

携帯トイレ

No.038︓携帯トイレ
常備しておくと安心な非常用トイレ。

食べ物のない生活

No.045~051

いつもの缶詰

No.045︓いつもの缶詰
好きな缶詰で避難生活に心の余裕を。

電気のない生活

No.052~057

乾電池

No.052︓乾電池
乾電池があれば使えるものが増えます。

女性のもしも

No.058~062

生理用ナプキン

No.058︓生理用ナプキン
避難所で支給がない場合、備えておくと安心。

シニアのもしも

No.063~066

高層難民

No.063︓高層難民
高層階の物資不足、日頃から多めの備蓄を。

障がい者のもしも

No.067~070

ヘルプバンダナ

No.067︓ヘルプバンダナ
目や耳が不自由なことを伝える方法です。

ペットのもしも

No.071~074

ペットフード

No.071︓ペットフード
人と同じように1週間分の備えが安心。

もしもの「後」にできること

No.075~100

冷静な判断ができるのは10%

No.075︓冷静な判断ができるのは10%
75%が思考停止、15%が泣き叫ぶと言われています。

『もしもプロジェクト渋谷』特設WEBページ・SNS

もしもプロジェクト渋谷の公式サイト・公式Twitterでは、上記でご紹介した以外にも、様々な防災・減災に関する情報を発信しています。ぜひご覧ください。

「もしも」のリスクに備えよう こくみん共済 coop の災害に備える保障

もしものときの備え、準備していますか?
あなたの住まいの保障について見直してみましょう。

住まいる共済 火災共済・自然災害共済
地震

地震

台風

台風

豪雨

豪雨

降雪

降雪

火災

火災

持ち家でも賃貸でも
(戸建て・マンション・アパートなど)
ニーズに合わせてお手軽に保障を選べます。

住まいの保障について、もっと知る

「もらい火で火事に......保障はどうなるの?」「契約のとき不動産会社に勧められる火災保障は、加入しなければいけないものなの?」などの疑問を解決しながら、住まいの保障を選ぶポイントを、さまざまなコラムで掲載しています。

もしものときに役立つ、関連情報

たすけあいで防災・減災

こくみん共済 coop では、
防災・減災について考える
様々な取り組みを行っています。

たすけあいで防災・減災