知っておきたい「そなえ」の基本
  • モノのそなえ
  • アクションのそなえ
  • ココロのそなえ
  • 全労済の東日本大震災を風化させない取り組み
  • シリーズ 震災を語る
  • わが家の防災・減災アイデア これならできる!なるほど防災!
  • みんなの防災メッセージ フォトギャラリー
  • 防災かるた

知っておきたい「そなえ」の基本

“モノ”のそなえ、“アクション”のそなえ、“ココロ”のそなえ。3つの「そなえ」の基本をおさえておきましょう。
子どものための「そなえ」も紹介します。

モノのそなえ

用意しているかどうかが、いざというときの明暗を分けるモノのそなえ。
「防災グッズ」、よく聞くけれど、準備していないという方、また、どこにしまったか忘れてしまったり、取り出してみたら、懐中電灯やラジオの電池が切れていた、なんていうことも。
いま一度、確認してみましょう。

アクションのそなえ

いざというとき、どう行動するか。
とっさに適切な判断ができるよう、正しい知識をもっておくことが大切です。
子どものいる家庭では、ふだんから、「地震があったら、こうしようね」など、冷静に話し、いっしょに練習しておきましょう。

ココロのそなえ

災害発生時、精神的に不安になることはもちろん、避難後も、大きなストレスを抱え、それがもとで体調を崩すこともあります。
災害は突然やってきます。
日頃から家族でイメージトレーニングしておくことが、いざというときの動揺の軽減につながります。

わが家の防災・減災アイデア これならできる!なるほど防災!

2013年1月~3月に募集した「わが家の防災・減災アイデア!」には、はがきとホームページ合わせて450件のご応募をいただきました。その中から、危機管理アドバイザーの国崎信江先生選りすぐりの40のアイデアをご紹介します。

  • モノのそなえ
  • アクションのそなえ
  • ココロのそなえ

協力・監修 危機管理アドバイザー 国崎信江先生

ページトップ