• ご加入の皆さま
  • マイページ

保障の考え方と各種共済

保障の考え方と共済商品

全労済では、自分をとりまくリスクとそのリスクに対する備え(=保障)全体を認識することにより、保障の充実と家計支出の軽減を図ることをすすめています。

私たちの身の回りには数多くのリスクが存在します。まず、どのようなリスクがあるのか確認し、それを予防・軽減・回避する対策を講じておくことが必要な保障を考える上で大切です。これが「保障設計」の第一歩です。

さまざまなリスクから毎日の生活を守り、一人ひとりに合った保障設計をしていただくために、全労済は1.遺族保障・2.医療保障・3.障がい・介護保障・4.老後保障・5.住まいの保障・6.くるまの補償の6つの分野に分け、それぞれについて必要な保障額の目安や考え方を提案しています。

全労済では、生協の共済事業の特質をいかして、生命、損害両分野から賠償の分野にわたるまで、組合員の皆さまの生活全般に関する共済事業を実施しています。具体的には、遺族保障・医療保障・障がい・介護保障・老後保障から、火災等による住宅・家財の保障、さらに自動車事故による賠償責任の補償まで、組合員の皆さまの生活保障設計を生涯にわたり総合的にお手伝いするため、各種共済をご用意しています。

制度のご紹介 団体生命共済 こくみん共済 新せいめい共済 こくみん共済 新総合医療共済 ねんきん共済 新総合医療共済 住まいる共済(新火災共済・新自然災害共済) マイカー共済 交通災害共済 自賠責共済 こくみん共済 新総合医療共済 いきいき応援 新団体年金共済

また、上記以外にも、労働組合等団体の慶弔制度として「慶弔共済」や、全労済グループの事業団体によって、下記制度を実施しています。

保障分野 対応する共済の種類
自治体との提携により行う
事業所団体の慶弔制度
慶弔(自治体提携用)共済
労働組合等の団体の所有する
建物や自動車の保障
団体建物火災共済、団体(法人)自動車共済
労働組合等の活動中の事故に
対する保障
行事サポート共済・役職員サポート共済・行事スポット共済・労働災害サポート共済・ボラ ンティア共済

各種共済商品については、「共済商品比較・一覧」をご覧ください。