• ご加入の皆さま
  • マイページ
  • 共済金のご請求

全労済とは

理念

全労済は50周年(2007年9月)を機に、原点に立ち返り、この50年で培われた全労済の精神と、これからの50年を大事にする精神を再認識する「全労済の理念」を制定しました。この理念は、組合員の皆さまと共有すべき全労済の変わらぬ価値観です。全労済は、この理念を基本にして活動を展開しています。

みんなでたすけあい、豊かで安心できる社会づくり

みんなで

全労済に集う組合員、さらにはすべての勤労者・生活者を意味します。また、生協の理念である「万人が一人のために」という万人の意味を付しています。さらに、組合員の自主的参加を高めていくという意味を込めています。

たすけあい

労働者のたすけあいからスタートした全労済創立当初からの礎であることを意味します。また、これからの50年も共済であること、そして共助の精神を持ち続けることが全労済の不変の存在意義であることを意味しています。

豊かで

経済的な豊かさとともに、精神的な豊かさの向上を意味します。また、全労済の出発点である「労働者のためのより安い保障」から、経済的な保障を得ることで精神的な安心を得るという、共済の本来の役割も意味しています。

安心

たすけあいの成果であることを意味します。さらに、社会不安の解消こそが、現在から未来に向かって欠くことのできない変わらぬ価値観であることを意味しています。

社会づくり

全労済が労働者福祉運動として始まった歴史的経過を踏まえ、個々の組合員の生活向上に止まらず、社会全体に貢献していく姿勢を意味します。また、共済というたすけあいの輪の広がりが運動となり、より良い社会の実現に向けて行動していくという、協同組合運動の趣旨も意味しています。

信条

信条とは、理念実現に向けた全労済役職員の行動規範です。

全労済は、組合員のために、正直に、努力し続けます。

お問い合わせ[全労済お客様サービスセンター]

0120-00-6031

平日 9:00~19:00/土曜 9:00~17:00 日曜・祝日・年末年始はお休み

  • 電話番号のおかけ間違いにはご注意ください。自動音声でご案内後、担当者におつなぎします。
  • 休み明けは電話が混み合うことがございます。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。