10月15日は『たすけあいの日』

10月15日は『たすけあいの日』

私たち こくみん共済 coop は、
共済を通じて「たすけあいの輪」をむすび、
豊かで安心できる社会づくりを進めています。

事故や病気、大きな災害など、
私たちを取り巻くリスクはさまざま。

共済は、自分の「もしも」に備えるだけでなく、
誰かの「もしも」にも役立つ「たすけあい」のしくみ。

さらに私たちは、「もしも」を予防し、
「もしも」から速やかに生活を再建する、
そんな取り組みもおこなっています。

10月15日は『たすけあいの日』※です。

たすけあいにあふれる社会をつくるため、
これからの「たすけあい」について、
みんなで考えてみませんか?

  • 全国社会福祉協議会が1965年に制定。日常生活でのたすけあいや、ボランティア活動への参加を呼びかける日です。

2021年10月15日の『たすけあいの日』を起点として取り組んでいる「たすけあいの輪をむすぶ」さまざまな取り組みについて、3つの視点からご紹介します。

共済は「たすけあい」のしくみ

共済は「たすけあい」の仕組み

  • 戦後復興間もない1954年、働く人たちがお互いの生活を守るため、大阪の地でたすけあいのしくみである「火災共済」がスタート。「保障に入れない人をなくしたい」という思いは、全国各地に広がり、1957年には全国組織として「全労済」を創立しました。
  • その後、その時々の社会課題(交通事故の増加、自然災害の多発等)から皆さんの暮らしを守るため、さまざまな共済制度を提供し、契約件数は今では2,977万件に。共済を通じて安心をお届けしています。
  • 共済の掛金は、加入者自身のもしもに備えるだけでなく、他の加入者のもしもにも役立てられています。お預かりした掛金から被害にあった方々に共済金をお支払いし、毎年の決算で剰余が出れば割り戻し金としてお返しする、非営利の事業です。
  • 共済商品にも特徴があります。例えば、こくみん共済は、性別や年齢に関わらず掛金・保障内容は一律(タイプごと)、「加入者同士のたすけあい」がしくみ化されています。
  • こくみん共済 coop は、共済を通じて、組合員の皆さんの「たすけあいの輪」をむすんでいます。

「たすけあい」を未来へつないでいく想い

もしもインタビュー

防災・減災の取り組みの一つである「もしもプロジェクト渋谷」専用サイトに、髙橋専務理事のインタビュー記事が掲載されました。共済事業の運営を担う私たちの想いや、「これからの防災・減災プロジェクト」、「たすけあい」を未来へつないでいく想い、などについて触れています。ぜひご覧ください。


WEB加入 はじめまして企画 2021/11/1~2022/1/31

より多くの方にたすけあいの輪に参加いただくことを目的に「WEB加入 はじめまして企画」を実施しています。
期間中に、はじめてこくみん共済 coop の組合員となり、対象の共済いずれかにWEB加入申し込みをいただいた方に、フォトブックが作れる電子チケットをプレゼントしています。
より多くの方に「共済」について知っていただき、参加いただく機会になると嬉しいです。

WEB加入 はじめまして企画実施中!

共済からもしもの前後へも

共済からもしもの前後へも

  • 少子高齢化、格差拡大、自然災害の多発等、私たちを取り巻く環境は厳しさを増しています。「豊かで安心できる社会づくり」には、共済を通じた安心の提供に加え、「もしもの前(予防)」や「もしもの後(生活を再建のサポート)」も重要と考えます。
  • そこで、こくみん共済 coop では、子どもたちを交通事故から守っていく「7才の交通安全プロジェクト」、大規模災害から皆さんの暮らしや地域社会を守っていく「これからの防災・減災プロジェクト」、子どもたちのすこやかな成長をサポートする「こどもの成長応援プロジェクト」、暮らしを豊かにする「組合員サービス」などにも取り組んでいます。
  • これらの活動をより良いものとするためには、多くの方々との共創活動が大切です。こくみん共済 coop は、皆さんとの「たすけあい」を力に、取り組みを進めていきます。

これからの防災・減災プロジェクト

たすけあいで防災・減災

避けることのできない台風や地震などの万一の災害。住まいの保障から事業を開始した当会は、住まいを守る共済だけでなく、万一から命と暮らしを守る 防災・減災活動にも取り組んでいます。

たすけあいで防災・減災はこちら

渋谷区と「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定(S-SAP)」を締結 2021/10/29

私たちは、防災・減災をはじめとするさまざまな社会活動に取り組んでいます。
このたび、当会の本部が所在する渋谷区において、協力関係を強化し地域の社会課題解決に取り組んでいくことを目的に、渋谷区と「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定( S-SAP)」を締結しました。
今後もさまざまな社会課題への対応を共に進めていきます。

<協定項目>

  1. 1.
  2. 防災・減災、安全・安心なまちづくりに関する支援
  3. 2.次世代育成に関する支援
  4. 3.環境保全に関する支援
  5. 4.教育・生涯学習に関する支援
  6. 5.健康増進に関する支援
  7. 6.多様性社会(ダイバーシティ)の実現に関する支援
  8. 7.その他、相互に連携協力することが必要と認められる支援

詳細はこちらPDF

S-SAPロゴ

S-SAP協定調印式の様子


「SIW(ソーシャル・イノベーション・ウィーク渋谷)2021」
 Long Panel Discussion|もしも会議 〜進化する都市防災〜

一般社団法人渋谷未来デザインが主催する、「ソーシャルデザイン」をテーマにした都市フェスティバル「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA(ソーシャルイノベーション・ウィーク渋谷)」(以下SIW)に昨年より協賛しています。

今年は、より具体的な防災・減災アクションに向け、「進化する都市防災」をテーマに2021年11月11日にパネルディスカッションを実施しました。

Long Panel Discussion|もしも会議 〜進化する都市防災〜 の詳細はこちら(外部サイト)別ウィンドウで開く

「SIW2021」のアーカイブ動画はこちら(外部サイト)別ウィンドウで開く

もしもプロジェクト渋谷

渋谷区に本拠を構える当会は、様々な皆さまとの共創による防災・減災の普及啓発活動「もしもプロジェクト渋谷」を展開しています。暮らす人、働く人、遊びに訪れる人などに合った多様な防災・減災を考え、取り組んでいます。

もしもプロジェクト渋谷はこちら

秋のもしもWeek 2021/10/13-24

最近各地で頻発している地震。渋谷ミヤシタパークに、「もしも」のときに役立つヒントを集めた「もしもの100」をピックアップして掲出しました。災害はいつ起こるかわからないからこそ、日常の中で「もしも」をイメージし、いざという時の行動につなげていただくことができたら、と考えています。

秋のもしもWeekの様子

7才の交通安全プロジェクト

7才の交通安全プロジェクト

「未来ある子どもたちを交通事故から守りたい」そんな思いから、交通事故のない安心・安全な社会をめざす取り組みをおこなっています。
マイカー共済のお見積もり件数に応じた横断旗の寄贈や、金沢大学との共同研究・実験などをおこなっています。

7才の交通安全プロジェクトはこちら

こどもの成長応援プロジェクト

こどもの成長応援プロジェクト

子どもたちがすこやかに育ち、たすけあいの気持ちを次の社会につないていく、未来に向けた取り組みです。こくみん共済「こども保障タイプ」のご加入件数に応じたなわとび・長なわの寄贈や、子育て中のパパ・ママを専門家がサポートするこども相談室などをおこなっています。

こどもの成長応援プロジェクトはこちら

組合員特典「セイフティ・ファミリーサービス」に子育てに役立つサービスを追加

もしものときの備えはもちろん、みんなの毎日にも安心を届けたい。そんな思いから、組合員の皆さまの暮らしをもっと豊かにする「セイフティ・ファミリーサービス」を提供しています。
子育て世代のママ・パパたちは、楽しいことと同じくらい、心配ごとがつきものです。手が離れるまでは登下校の心配や教育・健康面も気になります。そんな子育てのお悩みを安心にかえて、家族みんながもっと楽しく便利に過ごせるようなサービスを追加しました。

組合員特典「セイフティ・ファミリーサービス」に子育てカテゴリを追加しました!

たすけあいの社会づくりを

たすけあいの社会づくりを

  • イギリスで毎年発表されている「World Giving Index 2021(世界人助け指数)」※。「見知らぬ人、あるいは助けを必要としている見知らぬ人を助けたか」という調査項目で、日本は114ヵ国中、114位と最下位となりました。ちょっと悲しい結果です。確かに「たすけていいのだろうか?」、「迷惑がられないだろうか?」など、考えてしまいがちです。
  • 私たちの暮らしは、国や自治体等による「公助」、自分自身で備える「自助」、そして人々や地域社会のたすけあいによる「共助」で支えられています。新型コロナウイルス感染症の感染拡大は、あらためて「たすけあい」の大切さを考えるきっかけとなりました。
  • 日本をたすけあいがあふれる社会にしたい。こくみん共済 coop は、共済を通じて、皆さんとの「たすけあいの輪」をむすび、「みんなでたすけあい、豊かで安心できる社会づくり」の実現に取り組んでいます。
  • Charities Aid Foundation「CAF World Giving Index 2021」より引用

ENJOYたすけあい

「たすけあい」をもっと気軽で楽しいものにできたなら、よりあたたかい社会になるのではないか。そんな思いで立ち上げたプロジェクトです。
「たすけあいを楽しむための7つのヒント」や、たすけあいに関するコラムなど、たすけあいを楽しむためのヒントをお届けしています。                                          

ENJOYたすけあいはこちら

たすけあいをENJOYするための7つのヒント

たすけあいをENJOYするための7つのヒント

ENJOYたすけあいJOURNAL(再掲)

いろんな角度からの「たすけあい」について発信している「ENJOYたすけあいJOURNAL」。皆さんから人気の高かったコラムを改めてご紹介します。

「ありがとうの手紙」プレゼント企画 

昨年Twitterで募集した、たすけてくれたあの人への「ありがとう」の手紙。167 の「ありがとう」の言葉を、一冊の書籍にまとめました。より多くの人にご覧いただきたく、本書籍をのプレゼント企画を実施しました。

(2021年11月19日をもって応募受付を終了しました。ご応募いただいた皆さまありがとうございました。)

ありがとうの手紙はこちら

今後もこくみん共済 coop は、たすけあいに関するさまざまな取り組みをすすめていきます。

 

当会公式SNSでもさまざまな活動のご報告や最新情報を発信しています。
ぜひこの機会にご登録ください。

twitter

Twitter公式アカウント

@kokumin_kyosai

QR

LINE

LINE公式アカウント

QR