一日でも早く生活再建できるように

2011年3月11日から5年。東日本大震災は、東北・関東地方を中心とする1都1道20県の広い範囲に、甚大な被害をもたらした大災害でした。 この間、全労済では、一刻も早いお支払いに向けて、役職員一丸となって被災された組合員宅への被害調査活動を行い、共済金等のお支払いを行ってきました。 <東日本大震災被害状況>死者15,894人 行方不明者2,562人 建物被害全半壊40万戸超 ※警視庁「被害状況と警察の措置(2016年2月10日)」より

被災者対応について

共済金等のお支払い状況について

被災者に対する全労済の支援について

義援金の拠出等
  • 1 . 義援金として総額1億1,000万円を被災した自治体へ寄贈させていただきました。
  • 2 . 緊急募金活動に取り組みました。
  • 3 . 全労済グループ全体での募金を行いました。
「被災者専用サポートダイヤル -心とからだ・法律・税務のご相談-」の設置

被災されたご契約者とご家族の皆さまに、少しでも心やか らだの負担が軽くなるよう、無料の電話相談ダイヤルを設けました。

※現在は受付は終了。

全労済は、組合員の皆さまの生活再建にお役立ていただけるよう、これからも迅速なお支払いに努めてまいります。