保障分野から見てみよう

人生の安心を支える、さまざまな保障。
その特徴を保障分野ごとにみてみましょう。

ぴったりの保障は変わっていきます。それぞれ保障を検討するときは、共済(保険)だけで考えるのではなく、貯蓄計画や公的保障、企業・団体内保障など、全体で考えることが大切です。

ぴったりの保障は変わっていきます。
遺された家族の基本生活費の目安
公的年金の種類には何がある?
教育費用はどれくらいかかる?
みんなどれくらい貯蓄しているの?
万一のことや入院はどれくらい身近?
男性・女性それぞれで多い死因は?
病気ごとに違う入院日数
40歳すぎたら注意、メタボの判定基準
先進医療にかかる費用はどれくらい?
年齢が上がると病気の心配も増える
介護が必要になるのは老後のはなし?
公的な障害年金受給平均はいくら?
もしものとき、介護を頼みたいのは誰?
介護生活、どこで過ごしたい?
介護費用はどうやってつくり出す?
年々増える要介護の認定者数
年齢が上がると病気の心配も増える
日常生活で負担を感じる支出とは
公的老齢年金はどれくらいもらえる?
老後の生活資金計画いつから気になる?
老後にかかる基本生活費の目安
火災が発生する頻度は?
火災の出火原因の上位は?
火災が多い都道府県ランキング
毎年、災害事故はどれくらい発生する?
高まる災害リスクに対する認識
火災以外でも共済がお役に立つケース
交通事故が発生する頻度は?
不慮の事故死の中でも交通事故は身近
死亡事故に至るのが多いケースは?
交通事故の発生件数を年齢別にみると
自動車保険における平均賠償額は?
高額な賠償金事例

もしも介助が必要になったとき「障がい・介護保障」

もしも介助が必要になったとき「障がい・介護保障」

病気やけが、加齢により家族や他人の介助を必要とする状態になってしまった場合、本人と家族の今後の生活にかかる経済的負担をカバーするのが「障がい・介護保障」です。
障がい状態になったとき、障がいの等級や家族構成に応じて公的保障のサポートがあります。ただ、家族の金銭的・精神的な負担も多くなることから、生活に必要な額に加え、老後の準備資金も考えていく必要がありますから、遺族保障額の1.5倍〜2倍の準備をしておくことがポイントになります。また公的介護保障は40歳〜65歳未満の方は加齢にともなった特定疾病(初老期認知症や脳血管疾患など)で要介護状態になったときに対象となります。年齢にかかわらず障がい介護に備えることをおすすめします。

シミュレーションしてみよう

セカンドライフのために「老後保障」

セカンドライフのために「老後保障」

定年退職などによって給与収入のなくなった後も、ゆとりあるセカンドライフをカバーするのが「老後保障」です。
基本生活費を支えるのは公的年金(老齢年金)となりますが、暮らしにゆとりをもつためには、退職金や企業年金などの企業・団体内保障、共済・貯蓄などの私的保障を組み合わせて、計画しておくことがポイントです。今や人生80年以上といわれる時代。定年後の長い人生の安心は、若いうちから長い目で考えておきましょう。

シミュレーションしてみよう

火災や自然災害に備える「住まいの保障」

火災や自然災害に備える「住まいの保障」

住宅が火災や自然災害によって損害を受けたとき、再建するための費用やもとの生活に戻りたい、その費用をサポートするのが「住まいの保障」です。
住まいの保障には、まず火災保障が必要です。どんなに自分が気をつけていても、他の家からのもらい火で火事になるケースも。その場合、火元に賠償請求もできませんし、火災の損害に対する社会保障制度もありませんから、自分自身でしっかりカバーしておくことが大事なのです。また、地震・噴火・津波などによる自然災害に備えるため、自然災害に対する保障にも備えることをおすすめします。

掛金試算・申込書ダウンロード

万一の交通事故に備える「くるまの保障」

万一の交通事故に備える「くるまの保障」

万一交通事故を起こしてしまったときに備えるのが「くるまの保障」です。
くるまの保障は、「相手方への賠償」「ご自身の補償」「くるまの補償」の3つの観点から総合的に考えることが大切です。相手方への賠償としては「対人賠償」と「対物賠償」があり、ご自身の補償には、「本人」だけでなく「搭乗者」への補償、くるまの補償には、ご自身の「くるまの損害」を補償するものになります。(特約がさまざまあるので、比べて見てみましょう。)

掛金試算・申込書ダウンロード

遺された家族を守る「遺族保障」

遺された家族を守る「遺族保障」

一家の大黒柱に万一のことがあった場合、経済的な負担をカバーして、遺されたご家族が新しい生活を築く基礎となるのが「遺族保障」です。
遺された家族の月々の「基本生活費」。これは「公的保障(遺族年金)」と「配偶者の勤労収入」でまかなうことを基本に考えます。それ以外の、葬儀代、ローン返済などの一時的費用、子どもの教育資金、老後の準備資金など将来的に発生する費用と「まとまった費用(出費)」は、企業・団体内保障や、共済・貯蓄などの私的保障で備えるとよいでしょう。

シミュレーションしてみよう

病気やけがに備える「医療保障」

病気やけがに備える「医療保障」

病気やけがによる入院や手術をすることになった場合、かかる費用に備えるのが「医療保障」です。
入院や治療にかかる費用としては、医療費の自己負担分(小学生〜70歳未満は3割負担)のほかに、食事代、差額ベッド代、テレビ・新聞代などの諸雑費がかかります。また、若いうちでも発生するがんへの備えや、高額な費用がかかる先進医療への備えなども考えておきたいものです。なお、先進医療の技術料は全額自己負担になります。

シミュレーションしてみよう