ライフステージから見てみよう

安心できる人生を送るために、まず、
“いま”のライフステージにあった保障を考えましょう。

独身時代、結婚、子育て、老後・・・と、保障について考えるときには、ライフステージごとに考えるべきポイントが異なります。
そこで人生の節目にあわせて、考えておきたい保障についてみてみましょう。

新卒者の初任給はどれくらい?
今どきの結婚適齢期って?
結婚や新生活準備にはいくらかかる?
葬儀費用はいくらかかる?
みんなどれくらい貯蓄しているの?
今後生活で力を入れたいことは?
年間どれくらい余暇にお金を使う?
家を購入するとき気になったことは?
住宅ローン返済は毎月どれくらい?
子育てでつらいと思うことはなに?
教育費用はどれくらいかかる?
公立と私立の学費、どれだけ違う?
生活習慣病は意外と身近な存在!?
いつまで健康に自信あり?
どれくらいの人が私的年金を備えてる?
リフォーム時期は何歳ごろ?
60歳以上の主な収入源は?
日常生活で負担を感じる支出は?

社会人になったら〜シングル〜

社会人になったら〜シングル〜

独身期の保障の考え方は、万一のけがや病気を考えて医療保障を中心とし、遺族保障については、必要最低限(葬式代など)を備えましょう。また一人暮らしの方は火災保障(家財)も忘れずに備えましょう。

必要な死亡保障額の目安
葬式代や葬儀費用等
500万円程度
(生命・後遺障がい保障、終身生命保障)
必要な入院保障額の目安
治療費や差額ベッド代、食事代、
その他入院に関わる費用等
日額3,000円〜日額8,000円程度
(入院・手術保障、終身医療保障)
シミュレーションしてみよう

結婚したら〜カップル〜

結婚したら〜カップル〜

結婚を機に保障を考える方も多いと思います。夫婦二人の場合は、今後想定されるイベント(子どもの誕生や住宅購入など)に備えた貯蓄中心のライフプランを考えましょう。保障は、自身の葬式代・お墓の費用や、配偶者の当面の生活費程度をまず備え、ライフイベントごとに見直すようにしましょう。

必要な死亡保障額の目安
葬式代や配偶者の生活費など
1,000万円〜2,500万円程度
(生命・後遺障がい保障、終身生命保障)
必要な入院保障額の目安
治療費や差額ベッド代、食事代、その他入院に関わる費用など、生活の状況に応じた収入の補填
日額5,000円〜日額10,000円程度
(入院・手術保障、終身医療保障)
シミュレーションしてみよう

子どもが生まれたら〜ファミリー〜

子どもが生まれたら〜ファミリー〜

子どもが生まれ、独立するまでのこの時期は、万一のとき遺族の生活費や子どもの教育費など必要補償額が最も高くなる時期です。公的年金の遺族給付や企業の福利厚生制度(死亡退職金など)を加味して不足する分を共済(保険)や貯蓄で備えましょう。

必要な死亡保障額の目安
家族の生活費や子どもの教育費など
3,000万円〜6,000万円程度
(生命・後遺障がい保障、終身生命保障)
必要な入院保障額の目安
治療費や差額ベッド代、食事代、その他入院に関わる費用など、生活の状況に応じた収入の補填
日額5,000円〜日額20,000円程度
(入院・手術保障、終身医療保障)
シミュレーションしてみよう

子どもが独立したら〜セカンドライフ〜

子どもが独立したら〜セカンドライフ〜

子どもが就職や結婚で独立すると、遺族への必要保障額も減少します。この時期からは、ご自身や配偶者のセカンドライフに向けた保障づくりが必要となります。遺族保障よりも医療保障(入金・手術など)や貯蓄などを中心に、セカンドライフに備えたライフプランを考えましょう。

必要な死亡保障額の目安
葬式代や配偶者の生活費など
1,000万円〜2,000万円程度
(生命・後遺障がい保障、終身生命保障)
必要な入院保障額の目安
治療費や差額ベッド代、食事代、その他入院に関わる費用など、老後を考えた保障の備え
日額5,000円〜日額10,000円程度
(入院・手術保障、終身医療保障)
シミュレーションしてみよう