• ご加入の皆さま
  • マイページ
  • 共済金のご請求

バックナンバー

アラ還を生きる 人生は60歳から(全7回)

最終回 老いにあらがわず、弱さを受けいれて生きる

東京大学大学院 教授 上野 千鶴子さん

最終回は、東京大学大学院教授、上野千鶴子(うえの ちづこ)さんのインタビューをお送りします。日本における女性学のパイオニアである上野さんは、近年、高齢者の介護問題に研究領域を広げています。75万部のベストセラーとなった『おひとりさまの老後』、『男おひとりさま道』の著者である上野さんに、これまでの研究や老後の生き方についてうかがいました。

第6回 貧困をなくし、誰もが安心して生きられる社会を目指す

弁護士 宇都宮 健児さん

第6回は、弁護士である宇都宮健児(うつのみや けんじ)さんのインタビューをお送りします。長年、サラ金やクレジットカードによる多重債務問題に取り組んできた宇都宮さんは、「年越し派遣村」名誉村長、反貧困ネットワーク代表などを務め、反貧困の運動の先頭に立って活動されています。常に、社会的弱者の立場に立って闘い続ける宇都宮さんの人生と社会に対する思いに迫ります。

第5回 世界はシンプルだということを伝えたい

ドイツ文学翻訳家 池田 香代子さん

第5回は、ドイツ文学翻訳家である池田 香代子(いけだ かよこ)さんのインタビューをお送りします。『ソフィーの世界』やグリム童話などの翻訳、『世界がもし100人の村だったら』の再話を手がけ、全国で年間100回以上講演をされている池田さんに、翻訳家としての思いやこれからの目標などについてうかがいました。

第4回 ランニングは人生と同じ。地道な努力が実を結ぶ

マラソンプロデューサー 坂本 雄次さん

第4回は、マラソンプロデューサーで、株式会社ランナーズ・ウェルネス、代表取締役社長の坂本 雄次(さかもと ゆうじ)さんのインタビューをお届けします。「24時間テレビ」のマラソンプロデューサーとして知られる坂本さん。マラソンを始めたきっかけやその面白さ、間寛平さんとの出会い、会社をやめてランナーズ・ウェルネスを設立した経緯や市民マラソン実現までの道のりなど、坂本さんのマラソン人生についてうかがいました。

第3回 思いを込めてことばを語りつづける

フリーアナウンサー・有限責任事業組合 ことばの杜 代表 山根 基世さん

第3回は、現在フリーアナウンサーとして活躍され、有限責任事業組合「ことばの杜」の代表でもある山根 基世(やまね もとよ)さんのインタビューをお届けします。アナウンサーになったきっかけ、NHK時代にぶつかった大きな壁とそれを乗り越えた経験、退職後に設立したことばの杜での活動など、山根さんのアナウンサー人生と、ことばに対する思いを語っていただきました。

第2回 定年を待たず退職。自分と家族、そして人のために生きる

医師、諏訪中央病院名誉院長 鎌田 實さん

第2回は、医師で諏訪中央病院名誉院長の鎌田實(かまた みのる)さんのインタビューをお届けします。医師を目指したきっかけ、当時多額の赤字を抱えた信州の病院に赴任した理由と立て直しの経緯をうかがうとともに、チェルノブイリ原発事故で被曝した子どもたちや、戦時下のイラクの子どもたちへの医療支援活動を精力的に行っている鎌田さんの生き方や考え方、そして今後の目標についてお聞きします。

第1回 ジャーナリストに定年なし。倒れるまで邁進

ジャーナリスト 伊藤 千尋さん

第1回は、朝日新聞記者でジャーナリストの伊藤千尋(いとう ちひろ)さんのインタビューをお届けします。この9月に定年を迎える伊藤さんに、ジャーナリストを目指した理由や35年の記者人生、これからの目標などについてうかがいました。