うれしいのは組合員の皆さまからの
感謝の言葉。
「たすけあいを実感」してもらうために真摯に対応する。

共済金支払(生命系)島 かのも

PROFILE
本部 生命共済金部 大阪共済金センター 広域団体担当課
法学部卒、2016年4月新卒入会。最初の配属先である生命系の共済金支払部門にて活躍中(取材当時)。

01こくみん共済 coop に入会を決めた理由は?

身内に闘病中の家族がいたこと、また1歳のときに阪神淡路大震災を経験したことから、人の「命」か「住まい」に関わる仕事をしたいという2つの軸で就職活動をしていました。製薬会社や住宅メーカーなどをまわる中で、たまたまリクナビを見て知ったのがこくみん共済 coop<全労済>。1社で「命」「住まい」両方に関わる仕事ができると、興味を持ったのが最初です。

決め手になったのは「みんなでたすけあい、豊かで安心できる社会づくり」というこくみん共済 coop の理念です。家族の闘病や震災など、まわりに助けてもらい生きてきた実感があったため、自分にはすっと入ってくる内容でした。また、セミナーや選考で出会った職員の皆さんも魅力的で、一緒に仕事がしたいと感じました。

02現在の仕事内容は?

西日本エリアの組合員の皆さまから寄せられる、生命系共済の共済金の支払業務を担当しています。中でも私は大手企業の労働組合といった大規模な協力団体を担当しており、請求書類に不備や矛盾がないかをチェックし契約内容に沿った支払い手続きをしています。確認時には専門的な医療用語や病名が出てくるので、さまざまな資料を調べながら仕事を進めます。

また、請求があった組合員の方からの電話問い合わせにも対応します。基本的な内容であればグループ会社のコールセンタースタッフが対応しますが、より高度な内容、専門的な内容の場合は、職員が対応します。

03この仕事のやりがいは?

組合員の皆さまから感謝のお言葉をいただいたときが、うれしいです。多くの方は共済に加入していても、どこかで「まさか自分が」と思っていらっしゃるのでしょう。本当に自分が手術・入院となったときに「思ったよりお金が出て本当に助かった」「共済のおかげで安心して治療に専念できる」と喜んでくださる方は多くいらっしゃいます。

だからこそ、人の役に立つ共済という制度が安心できるものであり続けられるよう、共済金支払担当としてしっかり公正・正確に判断することを肝に銘じていきたいですね。

04こくみん共済 coop に求められていると感じることは?

こくみん共済 coop には労働組合などの協力団体経由でご契約いただくルートと、共済ショップなどを経由して契約いただくルートがあります。このように「職域」と「地域」という異なる2つのルートがあることによって、組合員の皆さまと幅広く接点を持つことができるのは、こくみん共済 coop ならではのことです。

その上でこくみん共済 coop ファンを増やすためには、職員一人一人の意識や仕事の質を、今以上に向上させていくことが重要です。事業推進が「たすけあいをひろげる」のだとすれば、私が担当する共済金支払いの業務は「たすけあいを実感してもらう仕事」として、一件一件の請求に真摯に対応していくことが必要だと日々感じています。

05プライベートについて教えてください

残業はほとんどなく、終業後、職場の先輩や後輩たちと行きつけのお店で食事やお酒を楽しむことが多いですね。実家は神戸なので1時間半ぐらいで帰れるのですが、勤務地の近くで一人暮らしをしています。初めての一人暮らし、本当に自由で楽しいです。確かに最初は家事に慣れず大変でしたが、今では上手な手の抜き方も覚えました(笑)。一人暮らし未経験の方は、ぜひ一度経験してみてください。

休みの日は同期が何人も大阪市内で勤務していますので一緒に市内で遊んだり、海遊館などの観光スポットに行ったりと楽しんでいます。

06今後どのようになりたい?

日々、目の前の業務に打ち込んでおり、自分で判断できる案件もだいぶ増えてきました。しかし、それでも知らないこと、分からないことは多く、上司・先輩方に教えていただくことがまだまだあります。後輩に教える立場にもなってきているので、今まで以上に教わったことは確実に吸収し、今度は後輩たちを指導していけるよう成長していきたいと思います。

新入職員としてこくみん共済 coop に入会されたあかつきには、一緒に頑張っていきましょう!

上司より

仕事に、人に真摯に向き合う姿勢がいい。

亀山 裕之/大阪共済金センター 広域団体担当課 課長

率先してお問い合わせの電話をとり、対応する姿勢がいいですね。応対も丁寧ですし、相手の声にまず傾聴して想いを受け止めようとしているのがよく分かります。基本ができているな、と思いますね。

彼女はお酒を飲む雰囲気が好きで、とても楽しいお酒をたしなみます。そのせいか皆と仲が良いのも彼女らしさですね。センターには現在3人の後輩がおり、彼らの面倒もしっかりみていていいお姉さん役になっているのではないでしょうか。

その他のインタビュー