• ご加入の皆さま
  • マイページ
  • 共済金のご請求

地域からのお知らせ

2020/1/1

2020年年頭ご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 

昨年も「豪雨・台風・地震」など、自然災害が多い1年となりました。特に9月の台風「15号」は関東、10月の「19号」は関東・甲信・東北に、大きな被害をもたらし、これにより、多くの尊い人命が奪われ、また多くの方々が被災されました。ここに、心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。今回の災害においても、私たち「こくみん共済 coop」は、全国から派遣された職員が被災地に入り、被災された皆さまに一日も早く「共済金」をお届けするために、全力で現場調査などの対応にあたってまいりました。

 

自然災害は自然が相手であり、発生する事は歴史が証明しております。皆さまには、万一に備え「住まいる共済(火災共済・自然災害共済)」をご活用いただき、より「安心」の確保をしていただくことをお願いいたします。

また、「こくみん共済 coop」は、「人・家・車」などの、総合的なリスクに対応できる共済を備えております。これらもよりご活用いただきながら、「可処分所得」の向上にも役立てていただければ幸いです。

 

略称「全労済」として、長きにわたりご愛顧をいただいてきた、私たち「全国労働者共済生活協同組合連合会」は、創立60年の節目を期して、さらに親しまれ愛される存在となるために、昨年6月から新ブランド(愛称)を、「こくみん共済 coop」と定めスタートいたしました。こくみんとは「みんな」を、共済とは「たすけあいのしくみ」を、「coop」とは協同組合を指しております。相互扶助(助け合い)を基本とした考え方はこれまでどおりです。これからも勤労者、生活者の皆さまの生活保障設計の充実に向けて、取り組んでまいります。

 

本年度は「団体生命共済」、「こくみん共済」、「長期生命共済(総合医療共済、せいめい共済)」、「住まいる共済」、「マイカー共済」、そして「自賠責共済」を重点共済と位置づけ取り組んでおります。加えて、「離・退職者」対策、「若年層」対策を進め、協力団体、ライフサポートセンター、地域協力員の皆さまとの連携をより図りながら、北陸労働金庫、指定整備工場、各会員生協における「共済代理店」と共に、推進活動を強化してまいります。皆さまの絶大なるご理解とご協力をお願いいたします。

 

結びに、「石川共済(単協)」が、本年8月に「創立60周年」を迎えることになりました。「火災共済・生命共済」からスタートした当事業でありますが、「設立時の思い」を再確認しながら、協力団体、生活者の皆さまに感謝の思いを込めて、幾つかの「周年事業」の実施を計画いたしております。これらの成功に向けて、ぜひとも皆さまのご理解とご協力をお願いする次第です。

本年が皆さまにとって「安全」で、良い1年になりますことをご祈念申し上げ、新年のご挨拶にさせていただきます。

 

加工110%縮小 20191212_こくみん共済coopこばやし_0010 - コピー.jpg

光林本部長