• ご加入の皆さま
  • マイページ
  • 共済金のご請求

地域からのお知らせ

2020/08/07

こくみん共済 coop 兵庫推進本部 第3回組合員代表者会議 開催報告

 

 2020731日ホテルクラウンパレス神戸(神戸市中央区)にて「こくみん共済 coop 兵庫推進本部 第3回組合員代表者会議」を開催し、全ての付議事項が承認されました。(当日は時間短縮など新型コロナウイルス感染症の防止対策を講じて開催しました。総代の皆さまにも、書面議決書の提出にご協力いただきました。) 主な付議事項は以下のとおりです。

 

1.2019年度 兵庫推進本部推進活動報告について

  2019年度は兵庫労済が誕生して60年の節目を迎える年であることに加え、新たなブランドである「こくみん共済 coop」のスタートの年でもあることから、唯一無二の存在となれるよう新たな推進態勢のもと提案力の強化を目指して活動を展開してきました。具体的には、協力団体での基礎制度である団体生命共済の提案に加え、マイカー共済や新こくみん共済の取り組み提案を強化しました。特に、マイカー共済の掛金見積もりと連動した社会貢献活動である「7才の交通安全プロジェクト」では、多くの協力団体にご賛同いただき、2,874本の横断旗を寄贈することができました。さらに、11 月には連合・労福協・労金と「合同福祉研修会」、12 月には「協力団体新任役員研修会」を開催し多くの協力団体に参加していただきました。

 また、2019年度は阪神・淡路大震災発生から25年を迎える年でもあることから引き続き「万一の際に不幸な組合員をださない」ための無保障者ゼロ運動に取り組んできました。震災の経験を無駄にしない取り組みとして災害に備えることの重要性を訴求し、高い確率で発生が取り沙汰されている南海トラフ巨大地震の映像を交えた研修会を積極的に開催しました。
 一方で、2019年度も複数の台風が日本列島を襲い多くの組合員が被災しました。兵庫県内での被災件数は昨年ほどではなかったものの、全国動員で関東地方を中心に多くの職員を派遣し対応にあたりました。さらに、2月以降は、新型コロナウィルス感染症拡大防止のためさまざまな活動が制限され、兵庫労済60周年の記念式典やその他の研修会・会議等も中止せざるをえなくなるなどの多大な影響を受けました。 

<事業報告>
 2019
年度の事業実績は全共済合計で1,019,818件となり期首より12,636件減少しました。また、共済金のお支払いは64,784件・約92410万円となり昨年度より約149,785万円減少しました。

2.2020年度 兵庫推進本部推進活動計画について

  2020年度は兵庫労済創立60周年記念キャンペーンの2年目であり、新たなブランドである「こくみん共済 coop」としてスタートを切って2 年目、さらには、こくみん共済がリニューアルして2年目の年となります。今年度はこれらの告知が終了し本格的推進を展開していく年度になることから、各種共済の取り組み強化をはかります。

加えて、昨年度多くの協力団体に賛同いただいた「こどもに関する社会課題」の取り組みも継続していきます。また、昨年多発した自然災害で改めて災害に備える必要性を痛感したこと、さらに2021311 日には東日本大震災発生から10 年を迎えることから、引き続き「万一の際に不幸な組合員をださない」ための無保障者ゼロ運動を継続・拡大してまいります。

DSCN0174.JPG DSCN0197.JPG