• ご加入の皆さま
  • マイページ
  • 共済金のご請求

地域からのお知らせ

2017/03/14

真冬の北海道に災害が起こったら

 

        2011年3月11日に発生した震災から6年。当日の道内の最低気温は

                        札幌-3.8度 旭川-11.5度 函館-4.3度 釧路-3.4度の寒さでした。

                                                   (気象庁 過去の気象データより)

                                3月11日(土)北海道新聞掲載広告

HP用3.11写真道新.jpg

           道内でもし直下型地震が発生し、被災地になった時の過酷さを

             問いかけ、防災に対する認識と心構えを再提案しました。

                        北海道では2016年11月23日、冬季体験型防災イベント

                      「ぼうさいタウン」を開催しました。冬の防災・減災をテーマに

                        約300人の参加者が避難所生活の模擬体験を通して、避難所の

                        過酷さを体験しました(詳しいイベントの内容は こちらから)。

                        たとえば

        ① 冷たい床からの冷気を防ぐダンボールベッド体験。

        ② 避難所でのプライバシーを守るダンボールパーテーションの体験。

        ③ 冬の車の中で寝泊りする車中泊の体験。

        

       もし冬の北海道で大災害が起こった時、私たちはどう行動したら

       いいのか常に考え、知識と行動を身につけておくことが大切ですね。

       

         ※ 3月11日の拡大した広告は こちら からご覧ください。