• ご加入の皆さま
  • マイページ
  • 共済金のご請求

全労済からのお知らせ

2018/09/04

第1回 組合員代表者会議 終了のご報告

2018年7月30日(月)秋田ビューホテルにおいて、第1回組合員代表者会議ならびに第62回通常総代会が開催されすべての付議事項が承認となりましたのでご報告いたします。

組合員代表者会議での主な付議事項は以下のとおりです。

                              

1.2017年度秋田県本部/秋田推進本部 推進活動報告

2017年度は Zetwork-60(2014年度~2017年度中期経営政策)および「北日本事業本部2014年度‐2017年度業務計画」の最終年度としての取り組みと、「秋田労済創立60周年加入拡大キャンペーン」の取り組みをリンクした極めて重要な年度と位置づけ、事業推進活動を展開しました。

決算の結果、全労済秋田推進本部2017年度の契約高は、約7兆2,423億円となり、支払共済金の総額は約27億2,880万円となりました。

                                       

2.2018年度秋田推進本部 推進活動計画

2018年度推進活動計画は、全労済New-Zetwork(2018年度~2021年度中期経営政策)における初年度推進目標を達成するための計画と位置づけます。組合員とのつながりを深化させ、長く共済を利用いただく関係作りをテーマに、新しい保障設計運動の考え方のもと取り組みを展開します。

生活保障設計運動では、提案活動と保障の見直しを行い、可処分所得の創出につながる推進活動を進めます。また、自然災害の多発による被害が多く発生しています。組合員の生活をまもるため、引き続き無保障者解消の取り組みを展開します。2018年度は、損害系共済に焦点をあてた提案活動に取り組みます。

秋田推進本部では、今後もより一層、保障の協同組合としての「価値の創造と助け合いの精神」を発信し、目標達成による共済事業の基盤確立に取り組んでまいります。

 

017.JPG  029.JPG002.JPG

   挨拶する羽澤本部長          阿部事務局長            会議の様子