• ご加入の皆さま
  • マイページ
  • 共済金のご請求

大阪府本部からのお知らせ詳細

2017/08/01

第8回全労済大阪府本部代表者会議 開催報告

2017年7月31日(月)大阪国際交流センターにて、第8回全労済大阪府本部代表者会議を開催しました。
主なご報告は以下の2点です。

1. 2016年度事業報告
 (1) 活動報告
   2016年度は、中期経営政策(Zetwork-60)の3年目として、過去2年間で培った経験を活かし事業を支え
  ていただく組合員・協力団体の皆さまとともに魅力的な保障の生協をめざした活動を実施してきました。
  2016年度を含め残り2年間でZetwork-60の最終目標を達成するため、これまでの活動で培った経験と浮き彫
  りになった課題に真摯に向き合い、意識と行動を変え、結果を出すためのPDCAサイクルをしっかりと回
  していくことを重点に事業推進に取り組みました。

  ≪主な取り組み≫
  ◆組合員・協力団体のニーズを把握するため、全団体訪問を継続実施しました。協力団体との関係を深耕し、
   説明会や相談窓口の開催を増やし、組合員への情報提供、接点拡大につなげました。
  ◆地区推進委員会の地区を、5地区から、4地区8エリアに再編し(2017年6月より)、従来以上に質・量と
   もに高めた推進体制へ強化をすすめました。今後、組合員や協力団体の皆さまにとって、より身近な存在
   となり期待に応えられる推進活動を実現することをめざします。
  ◆昨年度に開設した「共済ショップ梅田(2015年8月10日)」に引き続き、「共済ショップなんば(2016
   年8月19日)」を開設し、組合員の利便性を向上しました。
  ◆組合員満足度向上に向け、「組合員・お客さまの声」を意見・要望として、ICシステム(お客さまの声や
   対応履歴を管理するシステム)へ登録し共有しました。「苦情」については、迅速に大阪府本部内すべて
   の部門に周知し、発生原因の究明と再発防止に努めました。
  ◆大阪府では「大阪府自転車の安全で適正な利用促進に関する条例(以下自転車条例)」が制定(2016年4
   月1日施行)されました。全労済大阪府本部は大阪府と事業連携協定を締結し(2016年9月16日付)、自
   転車条例の周知と個人賠償責任に関する保障相談をおこないました。
  ◆「第32回子ども絵画コンクール」「第4回子ども写生大会」「よみきかせ会」「手づくりおもちゃ教室」
   や、「防災・減災体験型イベント」「協力団体研修会(防災士による防災・減災講座)」などを実施し、
   社会貢献活動を実践しました。

 (2) 事業状況
   2016年度末の事業実績は、期首より18,175件、2,537,599口の減少となりました。

2. 2017年度活動計画
   2017年度は中期経営政策(Zetwork-60)最終年度となります。また全労済は2017年9月29日に創立60
  周年を迎えます。大阪府本部としては、2016年7月に実施した地区推進委員会の地区・エリア再編を契機と
  し、組合員・協力団体の皆さまと全労済60年間の歩みの意義と成果を共有する絶好の機会と捉え、この3年
  間の活動で培った経験を踏まえ浮き彫りになった課題に真摯に向き合います。

  ≪大阪府本部2017年度活動計画の三本柱 ≫
  2017年度の活動の根幹となる3本柱を、昨年度に引き続き次の3点としました。
  ◆事業の拡大
   安定した事業基盤を確立することにより、豊かさや安心を提供し続けます。
  ◆人と組織の成長
   組合員・協力団体からの信頼や期待に応えるため、魅力ある人材を育成し、総合的な組織力を高めます。
  ◆全労済価値の向上
   共済事業はもとより、たすけあいの生協としての魅力を創出し、社会から求められる組織を目指しま
   す。 

  全労済大阪府本部は、私たちの理念である「みんなでたすけあい、豊かで安心できる社会づくり」の実現と
 「より魅力的な保障の生協」となることをめざして活動を展開します。引き続き、皆さまのご支援ご協力をお
 願い申し上げます。

sk01.jpg

sk02.jpg