全労済60年のあゆみ

おしえて全労済!

キーワードから全労済の60年が見えてくる

  • 【生活保障設計運動】「せいかつほしょうせっけいうんどう」ってなに?
  • 【万一の災害時における対応】地震や台風…大きな災害がとても不安。
  • 【コミュニケーション】「全労済」とは、どこでどうやって話せるの?
  • 【社会活動】社会をよくすること、何をしているの?
  • 【組合員向けサービス】日々の暮らしも守ってくれる?
  • 【防災・減災活動】ぼうさいカフェってなに?

【社会活動】これから先も豊かで安心できる社会が続きますように。

次世代を担う子どもたちが
これから先もずっと安心して暮らせる社会
続くことを願い、社会活動を続けています。

一つ一つの活動は大きくなくても、
みんなの想いと活動を積み重ねれば、
たすけあいの輪は確実に広がり、
みんなが安心できる社会につながるはず。
そう信じて、これからも継続して取り組んでいきたいと思います。

1988年 全労済ホール スペース・ゼロ設立!

創立30周年を機に、よりよい社会、よりよい暮らしとなるために文化芸術に触れる機会の提供ができたら、と願い、「全労済ホール スペース・ゼロ」を設立しました。

著名な落語家による落語、小さな子どもも楽しめるイベント、社会課題を取り扱った演劇、ミュージカルなど、多彩な演目を実施し、多くの方に楽しんでいただいています。

組合員の皆さまには、各種公演料が10%〜20%割引になるお得なサービスもあります。

お一人でゆっくり、またはご家族やご友人と楽しく文化芸術に触れ、
リフレッシュできる非日常の機会にぜひご利用ください。

スペース・ゼロ ホームページ

1992年 「全労済文化フェスティバル」スタート!

「次代を担う子どもたちとそのご家族に、良質な文化芸術に触れ豊かな心を育んでいただきたい」という願いを託しスタートしたフェスティバルも、2017年で26回目を迎えました。

2017年は、コンサート・演劇・ミュージカル・オペラなどの5作品を上映、計7,000名以上の多くの皆さまに楽しい時間を過ごしていただきました。

60年の感謝の気持ちを込め、今年は、『全労済創立60周年全労済文化フェスティバル夏』も開催しました。また、今後は地方公演も予定しています。

ご家族での文化芸術を楽しむ想い出に残るひとときにぜひご参加ください。

全労済文化フェスティバル

1992年 全労済地域貢献助成事業スタート

社会をよりよくするための活動、一つ一つは大きくなくても、みんなの想いと活動を積み重ねれば、たすけあいの輪は確実に広がるはず。
そのような想いのもと、豊かで安心できる社会を目指し活動する全国の団体を、助成事業を通じて応援しています。

2017年も、「人と人とがささえあい、安心して暮らせる未来へ」をテーマに募集、
多くの団体の皆さまにご応募いただきました。

団体の皆さまとともに、これからもよりよい社会づくりに貢献したいと考えています。

全労済地域貢献助成事業