• ご加入の皆さま
  • マイページ

生涯で必要なお金を知る

人生の三大支出

一般に、人生で高額なお買い物のTOP3は、「住宅費」「生命保険(共済)料」「教育費」と言われています。
多くの場合、これらの支出は総額数千万円にもなります。

住宅費/マイホーム購入

平均購入費
分譲戸建住宅・分譲マンション 約3,605万円
中古戸建住宅・中古マンション 約2,265万円

*1
⇒多くの方が、人生で一番高額なお買い物です。

生命保険(共済)料

15,000円で、25歳から65歳まで支払うと…
お一人の場合 720万円
夫婦二人の場合 1,440万円

⇒さらにお子さまや車、家の保険(共済)も…。

教育費

幼稚園3歳から高校卒業まで
すべて公立 約500万円
すべて私立 約1,677万円
さらに
大学進学(国立) 約509万円
大学進学(私大) 約640~767万円

*2 *3 *4
⇒お子さまが一人暮らしなどをされる場合はさらに負担増。

さまざまなライフシーンにおける出費を知る

結婚式費用

全国平均 343.8万円

*5
⇒結婚式の費用は、一般的に事前のお支払いが必要。

医療費

一人当たりの平均医療費
0~14歳 約14万9,900円
15~44歳 約11万3,000円
45~64歳 約27万6,900円
65歳以上 約71万7,200円

*6
⇒シニア世代で一気に負担増。

レジャー代

余暇活動に要した年間平均費用
1位 海外旅行 約30万円
2位 ゴルフ 約15.8万円
3位 パチンコ 約12.3万円

*7
⇒息抜きや趣味にも一定額の費用は発生しています。

リフォーム代

実行平均時期 世帯主が55.6歳
資金平均 約213万円

*1
⇒水回りやリビングをライフステージの変化によりリフォームする方が多い傾向です。

介護費用

要介護3で標準的な介護サービスを受けた場合
自己負担(月額)約4~5万円

⇒予想以上に負担が大きいと感じる方が多いのではないでしょうか。

葬儀費用

一般的な葬儀の場合 全国平均 約199.9万円

*8
⇒お墓の費用が別途必要であることに注意です。

生涯の収入と公的年金を知る

国民全体の平均の年間給与額は414万円*9ですが、年代・性別ごとの平均年間給与額は下図のとおりです。このなかから生活費や将来の貯蓄などを捻出しなければなりません。

(図中 単位は「万円」)

生涯の収入と公的年金を知る

平均貯金額

各世帯ごと
~29歳 288万円
30~39歳 628万円
40~49歳 1,049万円
50~59歳 1,595万円
60歳~ 2,385万円

*10
⇒世代ごとに必要な貯蓄の目安にも。

年金受給額

男性の3割弱・女性の7割強 年額100万円以下
月額平均 20万円前後

⇒将来的に受給時期などが変わる可能性も。

各種保険(共済)加入率

55歳~64歳の場合
個人年金(共済)加入率 28.6%
生命保険(共済)加入率 63.9%
何も加入していない 15.9%

*11
⇒実は8割強の方が何らかの私的年金に加入しています。

老後の生活費

基本生活費(月額)
夫婦二人 約27万2,500円
単身者 約15万7,000円

*5
⇒大きな病気などにかかったらさらに負担が増えてしまいます。

出典

  1. *1国土交通省 平成25年度住宅市場動向調査報告書(訂正版)
  2. *2文部科学省 平成24年度 子供の学習費調査
  3. *3文部科学省 国立大学の授業料、入学料及び検定料の調査結果について
  4. *4文部科学省 私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額の調査結果
  5. *5ゼクシィ 結婚トレンド調査2012
  6. *6厚生労働省 平成24年度 国民医療費の概況
  7. *7日本生産性本部 レジャー白書2009
  8. *8(財)日本消費者協会 平成22年調べ
  9. *9国税庁 民間給与実態統計調査
  10. *10総務省統計局  家計調査
  11. *11内閣府 平成19年度中高年者の高齢期への備えに関する調査結果

年齢や性別等から、ぴったりのプランと掛金をシミュレーション!

あなたにぴったりのおすすめプランを診断する

お問い合わせ[全労済お客様サービスセンター]

0120-00-6031

平日 9:00~19:00/土曜 9:00~17:00 日曜・祝日・年末年始はお休み

  • 電話番号のおかけ間違いにはご注意ください。自動音声でご案内後、担当者におつなぎします。
  • 休み明けは電話が混み合うことがございます。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。