閉じる

[がん保障プラス] の保障内容

保障内容

※1
がん入院共済金、がん手術共済金は、発効日から31日目以後に発病した悪性新生物または上皮内新生物等が対象です。
※2
発効日から91日目以後に悪性新生物に生まれてはじめて罹患し、診断確定されたときに支払います。生涯1回限りの支払いとなります。
※3
発効日から91日目以後に「上皮内新生物もしくは皮膚がん(悪性黒色腫を除く)」に罹患し、診断確定されたときに支払います。2年に1回を限度とします。「がん」とは、悪性新生物と上皮内新生物等を指し、上皮内新生物等とは、上皮内新生物および悪性黒色腫を除く皮膚がんをいいます。
※4
「障がい(重度障がいを含む)」とは、後遺障がい(傷病が治った後に残る障がい)を指し、全労済の定める基準によりその程度に応じてお支払いします。なお、障がいが固定したときの契約内容にもとづいた保障となります。
※5
発効日以後の傷害または病気を原因として重度障がいの状態となったときに重度障害共済金を支払います。

保障内容

閉じる