• マイページ
  • お問い合わせ
  • お見積もり
  • 資料請求
  • WEBで加入手続き ◎お見積もりのみもOK!

窓口でのご相談

お近くのご相談窓口

皆さまの声をお寄せください

ZENROSAI 60th ANIVERSARY おかげさまで全労済は60周年を迎えました 年表とキーワードからみる60年

各種お手続き方法

他の保障が気になっている

他社の保障が魅力的...。

他社とお悩みなら

生命系保障(こくみん共済・新総合医療共済・新せいめい共済・ねんきん共済・いきいき応援)の場合

■健康状態や年齢による掛金アップにご注意ください
お薬の服用履歴があったり、血圧が高い場合などは、新しい保障に加入いただけない場合もありますので切り替えについては充分ご注意ください。

■新しい保障の開始日をご確認ください
保障が途切れないことも大切です。新しい保障を用意される場合は、保障が途切れないよう、新しい保障の開始日にご留意ください。

■共済金の受け取り忘れがないようご確認ください
解約される前にもう一度、共済金の受け取りに漏れがないかご確認ください。例えば、「こくみん共済」のキッズタイプや医療タイプは、日帰り入院や1泊2日の入院でも共済金の請求手続きをしていただけます。

■新たに加入された場合、免責事項が再度適用されます
(例:「こくみん共済医療タイプ」は、発行日から1年以内に手術を受けた時はお支払いできない、等)

hosyou_img03.png

■各保障の詳細はこちらからご確認いただけます

手頃な掛金の頼れる総合保障

入院・手術・もしもの介護に備える保障

万一にしっかり備える遺族保障

ゆとりある暮らしをサポートする個人年金

持病・既往症がある方や、
通院・服薬中の方のための保障

住宅保障(住まいる共済)の場合

■「家財」の保障だけでも残されることをおすすめします

住宅保障には、「住宅」の保障と「家財」の保障があります。 お住まいを新築されたりマンションを購入されて住宅ローンを組まれた際に、「住宅」保障のみ他社で用意されたのでしたら、「家財」のご契約だけでも残されることをおすすめします。
自然災害の場合、「住宅」より「家財」の被害が大きくなることもあります。

家財保障

全労済の住まいる共済なら、
「家財」のみでもしっかり保障します。

参考
独立行政法人住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の融資を受けた建物については、「特約火災保険」(住宅金融支援機構の融資利用者向けの専用商品)または住宅金融支援機構が定めた火災保険(選択対象火災保険)のうちから、いずれかを契約することになります。このうち「特約火災保険」は、「家財」の保障はありませんので、別途準備する必要があります。

解約時の注意事項をご確認ください

一度解約してしまうと、そのときの健康状態や年齢によっては、次の保障を準備するのが困難になったり、掛金が高くなったりすることもあります。

  • 解約された時点で、保障がなくなり、復活させることはできません。
  • 新たに加入をご希望されても、健康状態等によってはご加入いただけない場合があります。
  • 新たに加入される際に、加入時の年齢が高くなっていると掛金が高くなることもあります。
  • 新たに加入された場合、免責事項が再度適応されます(例:「こくみん共済医療タイプ」は、発効日から1年以内に手術受けたときはお支払いできない、等)。
  • 解約返戻金(解約の際にお戻しできる金額)は、多くの場合、払込掛金の合計額よりも少ない金額となります。また、ご契約期間が短い場合、解約返戻金が全くない場合もあります(「こくみん共済」のようにもともと解約返戻金がない共済商品もあります)。

契約のご変更、ご相談についてはこちらから

契約のご変更、保障の見直しに関するご相談などはお客様サービスセンター、または全国の窓口へお気軽にお問い合わせください。

解約のお手続きはこちらから

■お電話によるお手続き

全労済お客様サービスセンター(0120-00-6031)までご連絡ください。

受付時間:平日9:00~19:00 土曜9:00~17:00(日曜・祝日・年末年始はお休み)

  • 電話番号のおかけ間違いにご注意ください。
  • 自動音声でご案内後、担当者におつなぎします。
  • 休み明けは電話が混み合うことがございます。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。
  •  自動音声によるご用件番号についてはご用件番号についてをご覧ください。

■ご来店によるお手続き

全国の窓口ページより、お近くの加入・相談窓口をお調べいただけます。