2017/9/29

信頼できる医療保障を見極める3つのポイント

医療保障はどうやって選んだらいい?と思われている方に、3つのポイントをご紹介していきます。

短期入院は手持ちのお金でまかなうのが基本です。医療保障は、長患いのときこそ威力を発揮するものを選択するのが賢明です。

ポイント➀ 誤解の多い「1入院」の定義と給付日数

まず、医療保障に共通するルールを確認しておきましょう。加入を検討する方の多くは、長期入院や入退院を繰り返すリスクを心配されています。しかし、同一の原因で再入院する場合は、退院の翌日から180日以内の再入院は1入院と見なされるというルールがあります。これをいわゆる「180日ルール」といいます。

例えば、同じ病気で4月から60日、9月から50日、1月から40日と短期入院を繰り返したとします(図1)。入院給付金(共済金)の支払い限度日数が仮に「1入院60日」という医療保障に加入していた場合、どの月の入院も1入院60日以内なので、全て給付されると考えるのが自然でしょう。しかし、180日ルールによって入院日数は通算され、1入院と見なされるため、給付を受けられるのは初回の60日分だけとなります(※1)。

その点、こくみん共済「医療安心タイプ」は1入院180日なので、150日(※2)の入院のすべてが給付対象となり、さらにもう一度入院してもあと30日分の給付が受けられる制度です。1入院の限度日数でこれだけ大きな差がつくわけです。

(※1)図中、2回目の入院で給付金の支払いがなかった場合、3回目の入院に対する給付を認める医療保障が増えている(1回目の退院翌日から3回目の入院初日まで180日以上空いているため)。全労済のこくみん共済も同様。
(※2)60+50+40=150日

ポイント➁ 継続できる年齢と手続き

いまの保障が何歳まで続くのか、毎月の掛金はどのくらい上がるのか。また、保障を継続したい場合にはどのような手続きをいつまでに取る必要があるのかなど、先々に不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。

こくみん共済「医療安心タイプ」は最高満60歳まで保障が続きますが、満60歳を過ぎても「医療安心60歳移行タイプ」、65歳を過ぎても「医療安心65歳移行タイプ」へと自動更新され、保障は最高満70歳まで続けられます。

移行後の保障内容は変わり、例えば入院給付金の日額は60歳までが日額6,000円、65歳までが3,000円、70歳までが2,000円と下がっていきますが、何しろ60歳を過ぎても保障が途切れないので安心です。さらに、その更新手続きも不要(自動更新)なのでうっかり保障が切れてしまうこともありません。さらに月々2,300円の掛金はずっと変わらず、セカンドライフの家計にもやさしいのが特長です。

ポイント➂ 掛金総額に対する給付率が信頼の証「BPR」

長期入院を想定し、掛金総額に対する給付の割合にも注目しましょう。契約年齢により掛金総額は変わりますが、例えば、30歳から70歳まで継続加入した場合、掛金総額は1,104,000円となります(➀)。

次に、給付総額をみてみましょう。59歳までの入院であれば、入院が長期化したとしても給付日額6,000円が180日分は受け取れますので、1,080,000円。ここで掛金総額を分母に、給付総額を分子に置けば、掛金総額に対しなんと97.8%の給付を受けられる計算です(➁)。
これを「給付(Benefit)と掛金(Premium)の割合(Ratio)」の頭文字をとってBPRと呼びます。BPRは大きければ大きいほど望ましく、同様に計算すると、60歳以降に長期入院する場合のBPRは48.9%(➂)、65歳以降なら32.6%です(➃)。

皆さんが医療保障を真剣に検討される場合は、ご自身でいろいろな医療保障のBPRを比べてみてください。

Copyright(C) 2018 FPI-J,INC. All Rights Reserved.

申込書付きの資料をお送りいたします。無料

お見積もり・加入手続き